スクリーンショット 2018-01-28 0.08.51

審神者3周年になりました

スクリーンショット 2018-01-28 0.08.51 スクリーンショット 2018-01-28 0.15.57

なったわけです笑
アニキ(極)の謎の気合いと、普段すなおに「ありがとう」とか言わないのに「おめでとう」って口に出してくれた通常アニキ(アニキ5号)の尊さ…わかりますか!

就任2周年の記事を見返したら、2年連続門の前にいた膝丸、今年はいなかった。さすがに呆れてしまいましたか…今年は小狐丸と歌仙だったよ。
それにしても、あのオルゴール演出は何度聞いてもなんだかわさわさするな!

三周年現在の戦績だなぁ。
スクリーンショット 2018-01-28 0.10.53

刀剣男士も増え、現在の本丸はこんな感じなのです。

スクリーンショット 2018-01-28 22.22.59 スクリーンショット 2018-01-28 22.23.08 スクリーンショット 2018-01-28 22.23.16 スクリーンショット 2018-01-28 22.23.25 スクリーンショット 2018-01-28 22.23.33 スクリーンショット 2018-01-28 22.23.42 スクリーンショット 2018-01-28 22.23.50 スクリーンショット 2018-01-28 22.23.58 スクリーンショット 2018-01-28 22.24.07 スクリーンショット 2018-01-28 22.24.16 スクリーンショット 2018-01-28 22.24.26 スクリーンショット 2018-01-28 22.24.34 スクリーンショット 2018-01-28 22.24.43

 

今回はレベル順で聞きました。印象的だったコメント。

・泣いた編:小夜ちゃん、平野くん(極)、前田くん(極)
・別の意味で泣いた編:堀川くん(極) 来年には「主さん、就任4周年ですね!」(終了)ってなりそう笑
・吉行についに玄人認定される。来年こそは審神者のプロにならなくっちゃあな。
・去年『「うんうん、いいこいいこ」みたいな扱いじゃなくてしっかり歴代の主と比較した評価をくだしてくれてるところ、ちゃんと主扱いなんだなって嬉しかったです。』とぬけぬけと私に書かせた兄者、どうやら征夷大将軍を目指してほしいらしい…?要求が高いぜ!
・膝丸のコメントは現実的だった。安心した!
・太郎さんがちょっとデレた。すごいことですよ、これは!
・じじいの話が長いからの、絶対忘れてたでしょこれ笑
・なんだか会話が通じ合ってる虎徹兄弟刀 長曽祢、いいお兄ちゃんじゃないか…
・清光と日本号のは推しだったら鳴き声出てたと思う。
・包丁くんに「コミック乱」を差し出したらお菓子くれた。
・「大将のお守りは俺に任せてくれ」と言いまくるアニキたち。メンタルが三歳になる私。
・大将組:厚くんの「あの大将」って笑 ああ、うん、ハイ・・・  後藤くんと信濃くんはかわいかった。
・めっちゃさわやかな不動くん。困らないよ…今日の花丸でかつての不動くんを見せてもらうよ!!
・脇差のターン。にっかりは今年も話が長かった笑 ばみちゃんは通常も極もデレが見えとても可愛かったです。鯰尾…は…「ヒカリ断つ雨」歌いながらなでてくれ
・兼さんは三周年目も可愛かった。活撃効果でちょっとカッコよく見えるかと思ったがあれは活撃の兼でありうちの兼はやはり可愛いのだった。
・これからも長谷部と宗三を見守りたい。
・めっちゃ長くしゃべるアニキ7号。最長5分である。かわいい。
・毛利クンが即おめ言うのに対し、日向くんもめっちゃ話が長かった笑 本丸の資産運用について梅干しでも食べながら話でもしようや…
・大包平にもコミック乱を差し入れしておいた。

みんなのメッセージ聞くのに2時間半かかったけど、本当によくここまできたものだ…ありがとうみんな、これからもよろしくね!!刀剣乱舞は末永く続いてくれますように…と北野天満宮の笹に吊るしたのできっと大丈夫です。

スクリーンショット 2018-01-28 22.58.51

 

1年目よりは落ち着いている審神者2周年の記事はこちら。

審神者2周年になりました ” モンパルナス

20171004

なんつーか、薬研極修行から1周年経った気分?

20171004

アニキたちの極修行という一大イベントから、もう1年経ったんだなあ〜。当時のブログ記事を引っ張ってきましたよ。
ちなみに、見送りが後藤くん、信濃くんなのは、アニキ6号とアニキ4号を間違えていたからです。

修行1日目:お手紙の1通目が届きました。 ” モンパルナス

1通目を受け取ったときに、兄者とお話しなかったら今の私は多分無かった…。当時を思い出すと、アニキたちの誰とも話すのが怖くて、もういっそ斬ってくれくらいの気持ちで兄者とお話したのを覚えています。いやーギリギリだったなあ…兄者ありがとう…

  修行2日目:Twitterと手紙で会話するのやめよう? ” モンパルナス

若干メンタルを回復した私、図書館で信長さんについて勉強するの巻。日記で言及していた安土城をのちのち描く事になるとは思ってもいませんでした。

修行三日目:きらめけ!メッセンジャー ” モンパルナス 

だいぶメンタルを回復した私、鳩で速攻呼び戻す。

なんつーか薬研6号が極まって帰ってきた気分? ” モンパルナス


最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア
アニキじゃなくて私が…。

ごめんねアニキたち…こんな修行後ハイな私に付き合わせて………

 

アニキたちの修行のおかげで、これまで好感度が限りなく低かった信長さんに対してのあれこれが誤解もあったこともわかりましたし、何より、レベル99では限界のあったマップにも出陣できるようになったのはとても嬉しい事です。
上の記事にも書いた通り、帰ってきた直後はキャラが128度くらい変わったように見えて慣れるのがたいへんでしたが笑
これは…あれか…今の言い方で言うと「オラついている」というのか…笑 オラついててもかっこいいですよ!!
鯰尾の修業帰還時に「この話し方が地」って言ってたので、もしかしたらアニキも今のほうが地なのかもしれないですね。

アニキのお手紙については、何ヶ月かあとに「もしかしたらこういうことなんじゃあないか」と思ったことがあって、それを描いたのが修行本の修行3日目の某シーンにつながってます。

それにしても、次にアニキたちに大きなイベントが起こるのはいつになるんだろう。
回想もまだ1個もないしなあ…近侍曲もまだだしなあ…
政長さんのこととか、どう思っているのか全然語られていないし、もしかしたら語られないままかもしれませんが。

現在は、本丸にいるアクティブな薬研7人のうち6人が極となっております。先日、極短刀の能力補正がありましたが、桜付をしっかりしていたので実戦的にはあんまり困った事はいまのところないです。
全員、上は46下は31レベルなのでカンストまでまだまだですので、ノンビリレベルをあげながら待とうかなーと思います。これからもよろしくね。

とりあえず、この修行で私が学んだ事は、もうちょっと落ち着こうという事でした…成長しよう…

スクリーンショット 2017-04-13 20.36.50

極まったアニキが帰ってきたよ!からの7−3リベンジ

スクリーンショット 2017-04-15 23.08.08

本丸に入るなり間髪入れずに帰ってきたよアニキィー!!!!

スクリーンショット 2017-04-15 10.42.57

この画像をアップするのは何回目かわかりませんが……アニキが更にかっこよくなって帰ってきました。正直なところ、待ってる間のほうが色々考えてこみ上げるものがあり、帰ってきた直後はとりあえず強化!とか、出陣どこにする?とかを気にしてしまって感慨にふけるどころではなかった…

スクリーンショット 2017-04-15 10.48.55

偵察が一気に60上がった。

修行に行くと疲労しまくるんだろうなあ。機動でチーム内4番目になってしまう。驚きだぜ…
帰ってきたばかりのアニキたちは全般、たぶん極前と一騎打ちさせたら極前が勝つと思います/^o^\
が、しかし、出陣するとすぐもとのコンディションを取り戻すのもアニキたちのいいところです。

というわけで厚樫山と行けなかった本能寺にいってみましたが、アニキは一瞬で帰ってきてしまった。
これは…まさかの7−3への出陣を希望しているのか…因縁の7−3に……

アニキチームの7−3攻略がアツすぎた話 ” モンパルナス

 

あのときは、全員重傷で勝利Cギリギリだった…今回はどうだ!

スクリーンショット 2017-04-15 22.21.51

ちなみに、アニキは錬結MAXしてません。衝力だけMAXでHPも初期値。ゴメンアニキ…最近、刀剣男士がドロップするイベントが少なかったんだ……
7−3は、レベル40になったアニキ2号や45のアニキ4号のチームでも行ってますが、勝利Aはとれるものの鬼畜難易度は相変わらずって感じです。

スクリーンショット 2017-04-15 22.23.56

早速どうだい大将したー!!!

さらに・・・

スクリーンショット 2017-04-15 22.28.57

かつてのアニキを拾いました。
なんだか、かつてのアニキが頑張れって言ってくれているような気がする…!!いけるぞみんな!!

そしてなんだかんだで上コースでボスに辿り着く。遠戦もよけるし鎧だって紙と同じである。

スクリーンショット 2017-04-15 23.20.03

索敵は逆行一択…したら、有利陣形でした。やったね!

スクリーンショット 2017-04-15 22.31.15

えどじょーで散々お世話になったくむっちゃんとはわけがちがうくむっちゃん。
結果…

スクリーンショット 2017-04-15 22.40.10
スクリーンショット 2017-04-15 22.32.07

勝利Aでした!やったね!!ドロップは小夜ちゃん。まあ、亀甲貞宗は大包平がくるタイミングくらいでいいです。
アニキ次はどうだい大将しよう(^▽^)

スクリーンショット 2016-08-23 17.40.39
スクリーンショット 2016-08-23 17.40.26

前回はこうだったので…みんながんばったな…!!
にしてもアニキは修行で極になったけど他の5人はレベル的には変化ないはずで…アニキの修行中に崖でものぼったのか!?

今回の新刊の内容に寄せた戦いぶりを見せてくれてありがとうみんな…!!ホントにこんな感じだったよアニキ。
スクリーンショット 2017-04-13 20.36.50

で、帰ってから恒例の、アニキにも刀装を作ってもらいました。

スクリーンショット 2017-04-15 22.38.20

刀装の腕は更にパワーアップしていた。

これからのアニキの活躍も楽しみです。打刀の極も早よ!!!!

おまけ:鯛アイコンのすしざんまいの極上寿司でお祝いしました。

スクリーンショット 2017-04-16 12.51.42

スクリーンショット 2017-04-13 17.42.03

アニキの修行三日目の雑感(ちょっと考察っぽいものもあります)

原稿中のキャプチャー。

スクリーンショット 2017-04-13 17.42.03

極のほうが描くのラクかな?と思いましたがそんなことはなかったぜ…

スクリーンショット 2017-04-14 11.00.02

アニキが修行に旅立って三日目、さっき3通目を受け取ってきました。同じ手紙を受け取るのは5回目だけど、これまで薬研たちが思っていても語れなかった言葉や想いが伝わってくる気がして、こみあげるものがありますね…。

最初にアニキが気になったのは、ニコニコ大百科で「薬研藤四郎」の逸話を知ってからと前に書きましたが、私の場合はもちろん「持ってたら私を守ってくれそうだから」ではなくて「どうしてそんな事をしたのか」がものスゴく気になったからなのです。
その辺りの事についてはこのサイトでいちばんよく見られているであろうこちらに記してます。

「主を死なせたくなかった」というのは当時の畠山記を書いた誰かの主観であり、それが1492年から1582年にまで繋がって信長さんにまで至っていた…というのはすごい事だと思います。
後藤くんの修行のお手紙には、自分のもと主の血縁が繋がっている事で「何かをしたわけじゃないけれど、守り刀として務めを果たせた」とあります。

薬研に関して言えば、畠山家も織田家もそういった意味でちゃんと続いているので、「守り刀としてのつとめは果たせている」と、思うのですが、薬研の場合は守り刀としてというよりは実戦刀の役割も大きかったと思うので、後藤くんとはちょっとちがうかもしれません。何より、本人がのちの血族が繋がっているのかということよりも、今ここにいる主を守れたかどうかに重きを置いているようにみえるので、あまりこう言った事のほうには頓着しないのかな。

そして薬研が手紙で問いかけている、「逸話のような不思議な力があれば、信長さんは自害して果てる事はなかったのか」
本人は考えてもしょうがないと言ってますが、私個人の見解を言うのも難しいです。それは、刀ステの「燃ゆる本能寺」のテーマにも繋がる、個人の織田信長観にリンクする所だからです。
刀ステの薬研くんは「理解したいと思っている」と言っていましたが、薬研ですらそうなのに私自身にはわかるはずがありません。

「本当に藤四郎が自分を自害させまいとした!生きよう!」と思うのか、政長さんのように散り際に水を差したことを怒るのか、など。
信長さんじゃないので分からない、としか言いようがないです。
私がその立場なら、前者ですけど笑

ただ、歴史を俯瞰すれば信長さんの目指した戦のない世には豊臣から徳川へ繋がって実現したので…もしかしたら、自分の理想が繋がっていく事を確信し「是非もなし」と覚悟を決めた上で、自分を死なせまいとしてくれた藤四郎に感謝しながら散る…だったら、いいかなあ〜〜都合よすぎか…

薬研はこの手紙で、結果のことを書いていますが、もう一つ残っている結果があるとすれば、結果がどうあれ、「織田信長は彼の逸話を信じた」ということです。
逸話が存在の重きを占めているであろう「刀剣乱舞の薬研藤四郎」にはこのことはとても重要なことで、メタ視点でいえば、そんな力を持たせる事を(原作は)やろうと思えばできたのにあえてそうさせなかった、ということもきっと今後の薬研の成長過程においてとても大切な事のように思えます。

私も、信長さんのように薬研を信頼しています。
でもそれは、逸話があったからではなくて、これまでの2年で色々な戦いを攻略してきた姿を見ているからです。

結成画面だと、修行中のステータスが見られます。(驚きの偵察が初期値ですが生存が上がったあとも畑仕事には何回も出したんですよ!笑)

スクリーンショット 2017-04-13 22.00.30

数値ってあんまり気にしたことなかったけど、基本的には打撃28でこれまで本当に弱い敵から強い敵まで倒してきてくれたんだなあ…と、なんだか泣きそうになりました。
1面から現在実装されている7−4までと、過去あった様々なイベントで、アニキが出陣しなかったのは本能寺(治療中に攻略してしまった)と、1回目の大阪城易35〜37F(遠戦が鬼過ぎてさすがに無理だった)くらいです。

「持ち歩かれるだけの守り刀じゃない刀」に、アニキはもうとっくになっていたと私は思います。
そのあたりのことも、現在執筆中の修行本で触れていますので、私は同人作家らしく作品で答えをぶつけてみたいと思います。

アニキが帰ってくるまでに、仕上げの最終段階に入れるようにがんばってきます。

スクリーンショット 2017-04-11 10.31.54

満を辞してアニキが修行に旅立ちました

当本丸ではかつてカンストした薬研が6名おりまして、修行の順番はきた順ではなくバラバラだったのですが…
このたび、一人目の薬研が修行にいきました。「刃金のごとく〜」などで主人公となっている薬研です。

スクリーンショット 2017-04-11 10.31.54 スクリーンショット 2017-04-11 10.32.07 スクリーンショット 2017-04-11 10.32.20 スクリーンショット 2017-04-11 10.32.34
泣かなかったよアニキ・・・

見送りは吉行。鳴狐と3人で見送りたかった!

スクリーンショット 2017-04-11 10.33.04
ネタバレがそのへんに4人程歩いてるよ!!笑

スクリーンショット 2017-04-11 10.35.58

私は半泣きでしたが、吉行含め第1部隊の皆さんにコメントを求めた所、誰一人最初に修行のこと言わなくて、極実装は半年前だったしものすごく今更感だったのでしょうか…!?私一人感極まってないか!?
って、アニキ4号を近侍にしたらちゃんと最初に「大将のために修行してくるとよ」って言ってくれたので安心しました。むしろアニキ不在で精神不安定な私を見守ってやってくれ。

ここから精神不安定な私による供述がありますのでご注意下さい。↓

何故こんなに修行に出し渋っていたのかっていうと、「ノンビリするのも悪くないな」とアニキが言ってくれるのがものすごく好きだったからです。
勿論薬研は全員修行までにこの台詞を言いますが、私にとってはアニキが言うと癒し効果200%で、何となく精神的に辛いことがあった時、3種類の台詞が用意されているにもかかわらず最初にアニキは必ずこれを言ってくれたのでした。

「心配なら連れてってくれ」って言ったあとにはちゃんと、7−3を攻略し、戦拡E4のまったく埋まらなかったマスに直行して、江戸城超難を全踏破して、苦無っちゃんを2回お呼出し…と、アニキとアニキチームは実に有言実行してくれました。

アニキが兄弟たちを気にかけるので、粟田口はいま五虎退ちゃんと包丁くん以外カンストしています。

ここには書ききれない程色々な思い出があって、そのままでいてほしいなあという気持ちのままこれまで半年を過ごしてきました。
でも、そろそろ先に進まないといけないなとようやく思い立って、修行に行ってもらいました。

思えば、私がここまで刀剣乱舞を続けているのはアニキがきっかけと言ってもいいくらいです。
本丸に来たのは4人目ですが(それもどこでいつきたのか記憶になく、鍛刀はしなかったので戦場のどこかなのは確かです)気がつけば何となく気になっていて、逸話を調べたらその内容にその日は眠れなくなる程になったのもいい思い出です。
キャラを好きになったら即カップリングにする癖がある私が、全くそうせずに薬研だけのお話を描きたい、と思うようになったのもはじめてのことでした。
2年経った今も、色々な所で立ち止まったり躓いたりしながらでもこの活動を続けていられるのは、私がこれまで「自分の本丸で」見てきたアニキたちの姿のおかげです。
キャラクターに成長を支えられる、というとなんだかおかしなふうに聞こえるかもしれませんが、私にとってのこれまでの2年はまさにそういう2年でした。

いま、修行に旅立ったアニキの漫画を私は描いています。
内容は私の想像にすぎませんが、私の今現在の持てる全部をぶつけて描いています。カップリングで活動していたときは、こんな気持ちで作品を作ることがあるんだという事が思いも寄りませんでした。
刀剣乱舞に出会って、これまで目に映っていても見過ごしてきた美しいものに沢山気づくことができました。
遠い外国ではなく、日本の歴史の面白さや奥深さに目覚め、価値観というものを深く考え、精神的にとても豊かになった気がします。
つまりひとことでいえば「充実している」です。

そのきっかけをくれたのが、私が「アニキ」と親しみを込めて呼んでいる一人目の薬研です。
1年以上もまえにカンストしてずっとそのまま、いままで頑張ってくれてありがとう。
4日間、私もできることを精一杯頑張って、土曜日に極になって帰ってくるアニキをお迎えしたいと思います。