スクリーンショット 2019-04-13 23.09.34

一生楽しく浪費するためのお金の話  を読んでみたよ!

スクリーンショット 2019-04-13 23.09.34

結論から言います!

お金のことに初心者な、浪費してる自覚のあるオタク女子は読んできっかけにするといいと思います!

 

私自身は1年半ほど前からお金の勉強を始めてて、この本に書かれていることはほぼ実践済み、という感じだったのですが、ツイッターのオタクTLではあんまりお金の話をする人は使った報告しか見かけないし、みんなどうしてるんだろう?と思ってたのでなるほど〜って思いました。なお、恐ろしい話かもしれませんが、一般女性は結構な割合でもうつみたてNISAやiDeCo、やってるらしいですよ…

専門的なコメントはできないのですがざっと感想。

・オタク女子の分野が、アイドルや俳優などの三次元9割。私みたいな二次元にしか興味がなく同人活動もガチめにやってる、という人のデータは0。
なので、アイドルのコンサート(現場っていうらしい)など、リターンゼロの趣味やってる人のお話が多いですね。

・普段の生活は会社員(派遣含む)という人むけの話がメイン。漫画家さんなどのフリーランスむけは、項目の最後に「フリーランスならこうしましょう」という風にアドバイスが書いてあるかんじです。

・とはいえ、オタク的ソウルはジャンルは違えど一緒なので、あるあるトークからの具体的なアドバイスは為になると思います。

・みんながやってるお金のため方が2ページ見開きで小さい文字でいっぱい載ってるページがあって、そこが面白かった。私もダメな推しができたら「推しに充てる生活費」ごっこをしてみたいです笑

・後半はオタク女子7人のマネー事情とアドバイス。これ、いろんな女性雑誌でこういうのをみますが、「でも全員オタクじゃないんでしょ?」だったんですが今回。

「でも全員東京出るのに5万円かかる地域じゃないんでしょ?」

完!!

一番遠くて山口県…本州じゃん。
遠征費にみんな年間10万かかってないって時点でもううらやましい〜〜〜四国住まいのこっちは多分その3倍はかかってる。(全日空使用と最低限まともなホテルを選んでいるというのもあります)

まあ、だからこそマイルをためたり赤ブーのb2オンラインカードの恩恵をうけたりピクシブプレミアムの恩恵を受けたりということにアンテナが敏感になったりもしたんですけども。
自分で学んだこと以上の情報はなかったかなというかんじでした、ハイ…

・初心者の方に向けては、まず何をするべきかが具体的に示してあります。

つみたてNISAやiDeCoをはじめよう!おすすめ銘柄はこの6種類!

ということまでは、とてもいいと思うのですがその後のアフターケアについては一切書かれていません。
書き連ねるときりがないので著者の方も省いたんだと思いますが。

まず、投資を始めるということについて、基本がスコーンと飛ばされているので、この本だけを読んで始めるのは危険かなと思いました。

ちなみに、一番最後のページの下の方に小さな文字でこう書いてあります。

「本書記載のデータは原則として2019年2月現在のものです。(中略)本書を参考にした投資結果について、監修者および本書の発行元は一切の責任を負いません」

なぜこう書いてあるのかというと、日々市場のデータは変動しており、「この銘柄がおすすめ」と書いたところで来年にはそれがおすすめできない商品になっている可能性があったりするからです。
また、投資というのは完全に自己責任の世界なので、勉強しないで損をしたからって責任取らないよ!ということです。

おなじオタクの人が勧めているなら!とか、紀伊カンナ先生の可愛い表紙の絵に安心して、おすすめ6銘柄をとりあえず買って安心してそこで終わり、では本末転倒にならないかな?と思いました。

個人的に、書いておいた方がよかったんじゃないかな〜と思うこと。

・保険商品の見直しについて「手厚すぎる保証に支払額が高くなっていないか」の具体例が欲しい。保険については2ページしか書かれていなかったんですがあれこそ月に結構な額を掛け捨てている場合もあるので。
(例:月に七千円払っていて年齢ごとに額が上がっていくけれど、実際の医療保障は65歳までで原則掛け捨てのものはNG、など)

・上にも書きましたが、投資についての本当に基本の考え方。
「卵は1つのカゴに盛るな」から、「初心者がFX市場に手を出すのはカモになりにいくようなもの」とか「投資信託と一口に言っても、銀行が手数料をとりまくるものから金融庁が厳選したクリアなものまでいろいろある」とか。
まずいきなり「税制優遇措置があるからつみたてNISAやiDeCoがいい」と頭ごなしにオススメする前に押さえるポイントがあった方がいい気がする。

・つみたてNISAが2037年でサ終すること、実際につみたてNISAやiDeCoを始めた後、あんまり毎月金融機関を見に行かない方がいいこと、年に1回割合を見直すリバランスの必要があること

・この本を読んだだけでわかった気にならないで、始めたなら日々ちょっとでもいいのでアンテナを張っておこう、ということ。
私が投資の勉強を始めた時もそうだったのですが、とにかくまず本や雑誌を読んで、ポイントをノートに書いて勉強しました。
あと、土日にときどき開催されている日本FP協会のセミナーに行って勉強したりもしました。
(お茶とケーキが出てくる企業の勉強会はオススメしません)

不勉強すぎるまま証券口座を作って、書いてあるままに商品を選んで、そのまま数十年放置したら、大変に困ると思います。

なぜなら本当に自己責任の世界なので…
誰も責任取ってくれないので…
(もちろんこの記事を読んで始めた方がいても、結果について私は責任とれません。)

ちなみに、始めて1年ちょっとの私のiDeCo+つみたてNISAはいま+3万円くらいになってます。2月に始めたので、3月の初め頃にリバランスしました。
増えてるとやる気が出ますね。経済状況によって一瞬でマイナスになりますが。

最近だと、家族と自分の保険を見直して、保険の窓口で1ヶ月ほど通って納得のいく保険商品をfixしたりもしました。

私自身もできるだけ健康でいて、後40年後に北野天満宮に行って髭切(刀)の前で「あなたと出会って40年」がやりたいのでこの辺はしっかりしておかなくっちゃあな、ということで…

いい機会だからちゃんと老後もオタクでいるための資産形成をがんばってみようかな、と思うきっかけになる本ではあると思いました。
ツイッターのオタクTLにいると、お金を湯水のように使う報告がよく流れてくるので、正常性バイアスがはたらきがちです。
推しのことを一瞬おいといて、推しがいるからこその自分の人生のお金のことについて、見直す機会をくれる本だと思います。

スクリーンショット 2019-04-08 16.32.56

衣替えと同時にクローゼットスッキリさせました。

続々・好きなキャラとかカップリングのテーマカラーで服を買うのはもうやめよう
スクリーンショット 2017-06-22 22.05.00

パーソナルカラー&体型診断をしてもらってそろそろ2年半。
あのとき、お洋服を入れ替えして、スッキリしたはずのクローゼットは今・・・

 

こうなっています。

スクリーンショット 2019-04-08 14.47.08

ゲンジバンザイクローゼットである!

ほかにも、たんす1棹分の衣類があり、まったくスッキリしたと言えない状況がまた生まれているのでした…
これらはみんな、ノリで買ってた似合わない衣類ではなく、試着して似合うとわかった上で買ってたものなんですけど、まあ、数が多いですよね。

理想としてはこの洋服を掛けている棚にオールシーズン収めるくらいにしたいなと思いました。
なぜなら、毎朝服を選ぶのが面倒になってきたからです。もちろんおしゃれは好きです。しかし日常的には仕事は在宅だし、出かけるときだけそれなりのお洋服があればいいし。
極論、シャツとデニムだけでも髪型やアクセサリーを変えるだけで気分は変わるというものです。

今後、新しく住む物件を探すであろうときにまず収納第一だと他の条件が悪くなっちゃったりするのも、なんだかものに振り回されているようで本末転倒だなと思いました。ウォークインクローゼットがあった以前住んでた物件が最高だったんだけど、そうそう住めるわけでもないしね。

そこで。
シーズンごとで絶対これは持っていたい!というものをまず選ぶことにしました。
手持ちの服を全部出してみる。ひ、ひぃぃ〜〜〜

スクリーンショット 2019-04-08 15.24.52

そして残す服をピックアップしてかけていく。あくまで「毎日のコーデに迷わない程度」で。
ハンガーは以前統一しておいたのですが、統一感があってスッキリ見える気がする。

秋冬
ニット5、パーカー1、カットソー1、スカート2、パンツ3
レザージャケット1、薄いコート2、ダウンベスト1、ウールコート1(写真にはないです)
スクリーンショット 2019-04-08 16.19.10

春夏
秋冬の手前に掛けているのでごちゃついてますが・・・

Tシャツ3、シャツ3、スカート4、お出かけ用ガウチョ2、パンツ3
ロングジャケット1、ショートジャケット1、ノースリーブフーディ〜1
あと写ってませんが母からもらったちょっといいブランドのワンピースが4着くらいあります。刀ミュの観劇とか京都に行くときくらいしか着ないんだけど笑

スクリーンショット 2019-04-08 16.21.19

まだちょっと多いような気がしなくもないけど、まあとりあえず流行アイテムの入れ替えもしながらこんなかんじで。
春の流行カラーは私の肌色が死ぬサマーカラーなので、新しい服の購入はなさそう。

で、手放したお洋服がこちら。
スクリーンショット 2019-04-08 16.23.47

正直、去年買ったものも、半分くらい…
イベント参加回数が多かったから、なんだかウキウキしてしまむらってしまったりジョルダーノったりしてしまったりな服が多数なんですね。

・チェックシャツ 一応買うけど ほぼ着ない
・秋カラー マジで似合わん やめておけ
・スカートは 自転車乗ること 前提に

反省の川柳を作ったよ・・・

これで、シーズン入れ替えのたびにしまってたケース1つと、ワードローブ入れてたタンス(大)のケースが1つあきました。
ので、運動用のジャージとかを入れたよ!

劇的?でもないビフォーアフター

スクリーンショット 2019-04-08 14.47.08 スクリーンショット 2019-04-08 16.32.56

これでだいたい1時間半くらいです。
夏までにまた時間作って色々スッキリさせていこうと思います。

スクリーンショット 2019-03-13 21.54.52

続々・絵の練習をしていました!(顔まわり編)

手癖の矯正その1です。
前回の反省を踏まえ、「まず、鎖骨周りから直していったら良いかも」とぢっか氏にアドバイスをいただく。

たしかに、顔まわりって一番よく描くところだし、特に自分でおかしいと思って描いたりしていなかったような・・・と思っていましたが。

正直、首を描く時に「これでいいんだっけ?」ととりあえず頭から首を生やしていたのは事実。
もちろん骨の位置などはアタリをとっていましたが…

 

というわけで、我が家のダビデ像を描いてみる。

スクリーンショット 2019-03-06 21.34.28

あやふやである!!!

そしてさらに問題が発覚する。

頭部の形状、よくわかってなかった問題。

坊主キャラにハマったら一瞬の終わりです。みんな髪の毛があってよかった・・・

まず描きやすい向きでバストアップの白ハゲを描いてみました。

すると、今度はこんなことに…おそるべし、手癖!!

スクリーンショット 2019-03-07 18.31.03

アタリの取り方から根本的に学び直さないとダメだな…と思い、参考になったのがこちらのサイト

スクリーンショット 2019-03-07 18.32.55

たぶんこれでなんとかなりそうだな!と判断してデコルテ周りのパターンを描いてみました。
スクリーンショット 2019-03-13 21.25.13 スクリーンショット 2019-03-13 21.25.57

ひどい…絵に全く魅力が感じられない…
こんなていたらくで果たして目標達成できるんだろうか?何も考えないで好きなキャラクターの漫画を描いていた頃の方が楽しかったな。
今日も次のイベントのサンプルが上がってるし、みんなこんな練習しなくても私より上手いのに楽しそうに同人やってて良いなあ・・・

という暗黒面に落ちそうになる。下手すぎて。

そんなときに、力をもらっている心のお守りがあります。
スクリーンショット 2019-03-13 21.29.59

こちらは、とあるご縁があって薬研藤四郎再現刀を打った藤安将平先生から頂いたものです。
「鍛」というこの一文字は、今の私にとても必要な一文字で、それをこちらが何も言わずに彫って渡してくださった藤安先生を思い出すと「私も頑張らなくては!」と思えるのです。

さらにこのあと、ぢっか氏と劇場版シティハンターをみに行き、あまりの北条司先生の作画のうまさに仰け反る。

なんかよくわかりませんが復活したので、年齢や性別別の顔の練習でもしてみることにしました。

私はもともと青年顔が苦手で(というか、少年少女以外得意ではない)好きになるキャラも少年少女が多いのをいいことに、あまり青年などは好んで登場させませんでした。

ただ、一度だけ幻想水滸伝4で31歳・軍人が推しになって主人公とのカップリングをたしなんでいたわけですが、直近でこれなのでどんだけ青年が苦手だったか!おわかりいただけるでしょうか!

君知るや南の海

君知るや南の海 君知るや南の海

この当時も思ってました。
もっとかっこよく描けたら良いのになと…
(公式の画像が見たい方は『幻想水滸伝4 トロイ』で画検してね)

じゃあ「青年の描き方」とか探して練習しろよ…と素直に思うんですが当時の私、萌を昇華させることに必死でそれどころじゃなかった。
というか、多分検索したところで「骨格?筋肉?めんどくさーい( ˙▾˙ )」となってたと思います…ハイ…

気を取り直して、メモを取りつつ練習してみました。

スクリーンショット 2019-03-12 19.22.26

 

おお…描ける…描けるぞ…!!

どうやら、私の青年顔は

・顔の骨格が少年少女顔の延長線だった
・鼻根が青年のそれではなく、少年少女顔のパーツをただ伸ばしていただけだった
・さらにその鼻を長く伸ばし、合わせて頬骨の位置を描いていたのでなんだかおかしなことに。

という状態だったようなのです。

この問題点は、成人男性の顔パーツや骨格は少年少女のものとは全く違う!ということを理解することで直すことにしました。

自己流ですけど、輪郭の取り方を図式化してみた。

スクリーンショット 2019-03-13 21.54.52

意識するポイントは頭部の形状や顎まわりでしょうか。

そしてこの練習を踏まえ5万年ぶりに幻想水滸伝4の推しを描きました。

スクリーンショット 2019-03-13 19.19.46

この絵で推しカプ描きたかったな!!!!
でも私も歳を重ねてしまったので描きながら(今描くなら絶対受けだな)と思ってしまったのは内緒です。

今日の練習風景はここまで!みてくださってありがとうございました。

スクリーンショット 2019-03-08 20.46.27

続・絵の修行をしていました!(キャラクター編)

前回に引き続いて絵の練習の話です。

スクリーンショット 2019-03-08 20.46.27
ぢっか氏の丁寧な指導のおかげで、こんな単純なガラス瓶を描くのに1時間かけていた私が
スクリーンショット 2019-03-08 20.47.08

パフェを描けるようになりました!!やったね!!

引き続いての修行です。
長年の手癖を抜いて、基礎をしっかり押さえてキャラを描こう!という試みをしています。

今回は、「引きの顔」「色々な衣服」「人体パーツ」の練習を、刀剣乱舞の薬研で描くという練習とご褒美が一緒になったような修行内容。

スクリーンショット 2019-03-08 20.34.04

お?結構描けたんじゃないかな?とぢっか氏にふたたび添削をお願いしました。連載調整期間でおやすみ中途はいえ、いつもありがとう〜〜〜!!

スクリーンショット 2019-03-06 23.30.35 スクリーンショット 2019-03-06 23.30.44

スクリーンショット 2019-03-06 23.30.56

ローゲージニット以外修正が入ってしまったーッッ/^o^\

ぢっか氏
スクリーンショット 2019-03-08 20.37.39

Exactly(そのとおりでございます).

腕の曲がり具合とか「こんな感じかな?」と想像で描いていました。
せめて自分で鏡を見よう…
ちなみにセクシャルなパーツは多分、薬研だからより描かなかった部分もあり…
(二次創作の領分になるので詳しくは述べませんが)
気持ちって絵に直に出るんだなー!!と改めて思いました。

というか、それを見抜くぢっか氏がすごいよ!!

赤添削を元に修正した線画と、1回目の線画を重ねてみるとこんなに違う!

スクリーンショット 2019-03-06 23.37.30 スクリーンショット 2019-03-06 23.37.46 スクリーンショット 2019-03-06 23.37.40

物のペン表現はとりあえずOK、服のシワは可能な限り見本を見つつ描いていけば可、ということになりました。
ここまでで1ヶ月ちょっと。

というわけで次の課題が見えてきました。

「しっかり人体を描けるようになる」です。

前回の記事でも述べましたが、もしこの記事を読んだ方が私の漫画を見て「そんなに変かな?」と思われたのであれば多分、漫画とキャラクターバフです。
「ある程度描けていれば、漫画では動きやセリフやシチュエーションがあるのでそれなりに見える」のです。
なので「こんな絵の下手な人の本を買っていたのか…」と思うより私が推しキャラのために用意した舞台と劇を楽しんだ、と思っていただければ幸いです。

もうこんなことにならないように頑張りますのでね!!まだ修行は続きます。

スクリーンショット 2019-02-24 17.28.35

絵の修行をしていました!

1月末から2週間ほど、本気で絵の修行をしてました。

きっかけは、1月分のアシスタント作業が思い返すだにポンコツ過ぎたこと。
私は現在、すえみつぢっか氏の連載作品「賢者の弟子を名乗る賢者」のアシスタントをさせて頂いているのですが、1月作業分がとにかくリテイク&リテイクでした。

・綺麗な線が引けていない
・立体&面&光源からの陰把握ができていない
・描く対象の観察眼が足りていない

というのが主な原因でした。
散々迷惑をかけてしまったあとに反省と改善をしよう!しないとマジで仕事ないからね!?という崖っぷち状態に。

そこで見直したのがまず環境。

私のmacOS、なんと3年前からOSアプデされていない。

コミスタが新しいOSでは動かないからと言う理由でしたが、コミスタのデータ、普通にクリスタで開けるのでアプデしない理由はほぼないです。はい、めんどくさくてサボっていました…これではクリスタの機能をフルで使うことができません。

3年すっ飛ばしたMacOSのアプデは、一筋縄ではいかなかった…
当然、すぐ最新にできなかったので一度Sierraに上げてから現在のMojaveにしたのですが、アカウントがエラーを起こして仮アカウントを作ってからのアップデート。
サポートセンターの力を借りながら半日かかりました。もうこれからはOSのアプデサボったりしません!!

OSがアップグレードされたので周辺機器も替えました。
これまでIntuos4で描いていたのですが、表面のシートを7年くらい張り替えていなかった…ので、新しいIntuosを購入。カラーが膝丸くんでやる気もアップです。
使ってみると、これがびっくりするほど描きやすい!
環境に気を使わなかった自分を恥じました。

で、ようやく人並みになった環境で絵の練習です。
ぢっか氏は自身も忙しいのに、私の絵の修行に付き合ってくれました。本当に感謝という言葉では足りないくらいです。

「とりあえず、ペンタッチで素材感や物体の形を把握する技術を身につけよう」ということになりました。

安直に私は「漫画で必要な技術なんだったら、漫画で練習すればいいよね!」と、ネームを11pほど用意しました。

しかし、間違っていた…

私「ネームを切ったよ!」
ぢ「なんで漫画!?」
私「漫画で必要な技術なんだったら、漫画で練習すればいいかなって…」
ぢ「例えば野球で、走り込みが足りなくて基礎鍛錬できてない人が試合に出たらどうなる?」
私「チームメイトに迷惑がかかってしまう…」
ぢ「他のチームメイトがフォローに回るよね。漫画=試合と考えたら、みさちゃんに必要なのは試合に出ることじゃなくて走り込みだよね」

なんてわかりやすいたとえなのか…

さらにいえば、ぢっか氏曰く「漫画になるとそこにシチュエーションや雰囲気が生まれるから、絵の完成度がなあなあでもそこそこに読めてしまう」というのもあるとのこと。確かにそうです…

ぢっか氏が用意してくれた課題は、次のようなものでした。

「8種類の球体を8箇所に配置して描く(今回は球体の質感の練習なので大きさは同じでよい)」

スクリーンショット 2019-02-24 17.28.35

中心が光源です。
やってみると、これがめちゃくちゃ難しい。1つのモチーフを描くのに、1時間以上かかりました。
陰影の勉強もその時に初めてまともにやりました。

赤字は1回目の提出からぢっか氏のアドバイスです。
アドバイスを踏まえて修正したものがこちら。
スクリーンショット 2019-02-24 17.31.24

卓球のボールはぢっか氏のお手本です。
ここまで丁寧に教えてもらってありがたすぎる!

描く時には自分でもポイントにメモを取ったりしました。

スクリーンショット 2019-02-24 17.33.29

いかに普段観察しないでものを描いていたのかがわかりました。

そして、今まで自分の絵にうっすらと感じていた違和感の正体もわかってきました。

まず、線の描画が全体的に甘いために全体的な完成度が下がっていたこと。
次に、立体と面構成と光源を感覚で描いていたのでとっ散らかった平面的な画面になっていたこと。

ここまで酷い状態だったにも関わらず、本が完売してたのは二次創作のストーリー漫画、というバフがかかりまくっていたからということです。イラスト本だったら撃沈だよ。

よく「デッサンがおかしい」という言い方がありますが、デッサンとは「ものの形を正確に捉えて描画すること」なのだそうですね。すいません、ずっと鉛筆で石膏像描くみたいな本格的なのだと思ってた!

今までの私はこの基礎中の基礎ができていなかったので、二次創作をやっていく上でも「絵柄を推しに無理に寄せてしまう」という問題点がありました。
直近ですと、薬研なので石商先生の作画に寄せるように描いていました。
もちろん、雰囲気などは寄せてもいいのかもしれませんが、私の場合は基礎ができていない状態であったので足元はガッタガタです。
今思えば、基礎がないという自覚はなくとも何かが足りていないことはわかっていたので、それを絵柄を寄せることで埋めようとしていたのだろうと思います。

球体練習のあとは、質感をペン画で出す練習を立方体で描きました。

スクリーンショット 2019-02-24 17.49.20

描いていると、だんだん、ぢっか氏が球体練習のアドバイスで書いてくれていた「見ていて気持ちのいい画面」というのがわかってきたような?
ただ写実的に描くというのではなく、ディフォルメをくわえてなお見やすく、見てて気持ちのいいモノクロ画面。
難しいですが、これができるようになりたいなあと思いました。

そこで、もう一つぢっか氏からもらった課題がこちらです。

「線を同じ長さ、等間隔で引けるようになる」

つまりかけあみの練習です。

かけあみって、なんだか古臭いなあと思ったこれを読んでいる方は今すぐ考えを改めた方がいい!!
「画面がなんだか綺麗だなあ」と思う漫画家さんの画面をよく見て欲しいのですが、均一線で斜線を入れているんです。さりげなく入っている斜線も、綺麗に均一です。雑な線で描いている人は多分一人もいないと思います。

先日「絵がうますぎる」と評判だったFGOの剣豪漫画の先生のメイキングを動画で見ましたが、やはりこの先生も枠外でまずかけあみを描いてウォーミングアップされていました。

スクリーンショット 2019-01-11 0.06.04

この薬研の髪の表現にしろ、もうちょっと気合を入れて線を引いていればもっと美しい髪になったのに!!反省。つまり掛けあみはすべての線の描画の基本なんですね。掛けあみの練習は、きたがわ翔先生がアシスタントさん用に用意されたという掛けあみ練習の画像を参考にさせていただきました。(きになる人はググってください)

そこで始めた掛けあみチャレンジの1回目がこちら。
スクリーンショット 2019-02-24 17.54.58

これはひどい・・・・・・・

 

ここでも、「どこがなぜおかしいのか」を自己分析して、ペン画に入る前に1時間ほど延々と線を引く練習をしました。

スクリーンショット 2019-02-24 17.59.00 スクリーンショット 2019-02-24 17.59.29

地味だけど、これを続けたので前よりはまともな掛けあみができるようになりました。

以上の修行を踏まえて、馬を描いてみました。

スクリーンショット 2019-02-24 18.00.38 スクリーンショット 2019-02-24 18.00.51

ここまでで2週間。
なんだか、自分でも今までと絵の描き方が変わったというか、ちょっとはマシになったようなそんな感覚があります。
最初にぢっか氏にダメな点を指摘してもらった時、長い付き合いの友人ながら指摘が的確すぎるだけに「こんなにダメだったのか私!!」と落ち込みもしましたが、不思議と絵の練習をしていた2週間、前向きで充実した時間だったなあと思います。この話をした知人に「スポ根みたい」と言われましたが確かにそうかも??
なんども書きますが、忙しい中私を見捨てずに練習につきあってくれたぢっか氏に圧倒的感謝です。
ここまで描けてないならもう他のアシスタントさんを探して「もうオメーは同人メインでやってろや!」と投げることだってできたはずなのに、本当に…もう本当に真摯に練習に付き合ってくれたんです。
私に財力があるならぢっか氏の家の隣に専用焼肉屋を建てたいレベル。
ちなみにこの修行後に2月分のアシ作業に入った分は、ほとんどリテイク無しで通りました!ひとまず安心。

と、ここまで描くとゴールみたいですがまったくゴールではなく、次は服や布地の練習や体を描く練習、二次創作でついた変な癖を抜くなど、やることはまだ色々あるので引き続き修行は続きます。

がんばるぞ〜〜〜〜