スクリーンショット 2018-04-15 21.33.04

今流行りのハーバリウムを推しのイメージで作ってみたよ!

雑貨屋さんなどでよく見かける瓶入りのドライフラワーみたいなアレです。
推しのカラーを探すのもいいですが、どうせなら自分で作りたいなあと思っていました。
しかし、会員制の講座は行くのがめんどくさいし会費高いし…自分でやるにも材料費が高いしそんなに作らないし……
と、ぐだぐだしてたら、薄い本は売られていない即売会(手作りの雑貨や多肉植物とかが売ってる系)でワークショップがあったので行ってきました!

や、薬研イメージハーバリウム…

スクリーンショット 2018-04-15 21.33.04スクリーンショット 2018-04-15 21.33.24

ご覧くださいこの「とりあえず推しのカラーの花を詰めてみた」感!
薬研はもうちょっとスッキリしてるでしょ!自分で自分の解釈違いかよ。
しかし適当に入れてもそれなりにキレイに見えてしまうのがハーバリウムのいいところ。
部屋のお気に入りの場所に置いて眺めています。

スクリーンショット 2018-04-15 21.33.12

いっぱいあって見てるだけで楽しいですね。

こういうかんじで入れたいものを自分で選んでカットして、順番を考えて瓶に詰め、オイルを流して蓋をして終了。
小さめの瓶で¥1000くらいでした。

さすがに脈絡なく詰めすぎたな…と反省し、次に挑んだ

げ、源氏兄弟のイメージハーバリウム…

スクリーンショット 2018-04-15 21.36.33

いかがでしょうか!!結構いい感じにできたような気がします!

スクリーンショット 2018-04-15 21.44.37

とりあえず白とライトグリーン入れとけば源氏兄弟になるだろう感。
白い羽根は「兄者のピュアさをイメージしてみたぞ」って膝丸くんが勝手に持ってきました。
というのは冗談でこういう弾力性のあるものを具合よく詰めると、軽い花とかが浮かなくなるんだそうです。

スクリーンショット 2018-04-15 21.45.07

オイルを入れる前はこんな感じ。
ちなみにこちらは割と大きめのボトルで参加費込みで¥1500。
こちらはデスクに置いてます。癒し効果高い…
推しの色だけでものを買う人種だからこそ効果を発揮する推しカラーハーバリウム。

会員制の講座や雑貨屋さんなどで売られているものの半額くらいで作れちゃったりするので、興味のある方はハンドメイド市場などのチラシで探してみてくださいね。

スクリーンショット 2018-03-02 20.56.50

また一つ年をとりました

スクリーンショット 2018-03-02 20.56.50

今年はないので都合のいいハッピーバースデーになりました笑

以前は「大人だなあ」と思っていた年齢にいざ自分がなってみると、成長したのかしてないんだか、結局10代のころとあんまり変わっていないような気もします。

でも、とにかく同人活動が大事!!だった20代30代前半とくらべてだいぶその気持ちがコントロールできるようになって、これまではルーティンだった「同人活動以外の事」をやっとよくするために色々はじめる事ができた…というのは成長だと思います。
身の回りをいろいろ整理したりとか、金融に興味を持ったりとかですね。
カップリングに狂っていた頃は全くそんな気が起こりませんでした。一日の8割は推しカプの事を考えていました。それはそれで脳内麻薬でて楽しいんですけどね笑!

実際この年齢になると何歳まで趣味に没頭できるかわからないところがあるので、あとで振り返って「黒歴史」って思わないような言動や活動をしたいものだなあと思います。
とりあえずは5月の原稿を頑張ります。

スクリーンショット 2018-02-02 16.05.40

なんつーか、また大掃除してみたい気分?

なんつーか大掃除してみたい気分?最終回 ” モンパルナス

 

前回の、家中の大掃除から半年。再び、もうちょっとスッキリさせたいな…ということで、今回はこれに挑む事にしました。

  スクリーンショット 2018-02-02 16.01.33  

書類ケースです。A4のクリアファイルが入るサイズで、全部で10段。ここに同人作家には当たり前な諸々がいっぱい詰まってます。 このケースは、8年前に何かの引き出物のギフトカタログでもらったものなのですが、使い勝手は悪くないです。組み立ても簡単でしたし。しかし、そろそろがたがきたので新しいのを買おうかな、と「書類ケース」「書類ラック」等で画検するも… 全然、気に入るデザインのがない。あっても高い!

 

新しいものを買ったところで、また同じようにがたがきたら買い替え、その度に入れ替えするのはめんどくさいなあ。前回の引越でも、中のものを全部出して引越先でまた詰め替えなきゃいけなかったっけ。

  ↓

  ウォールポケットに入れてみるのはどうだろう、というアイデア。私って天才では?と自画自賛したよ!笑 というのは冗談で、書類ケースの検索中に「BRUNO」というメーカーのウォールポケットが出てきてて「へえー、ブチャラティの名前のメーカーのインテリアか」というところからです。つまりブチャラティにグラッツェというわけですね! 我が家は賃貸ですが、画鋲くらいならOKということになってます。多分、画鋲よりぶっといのをお見舞い(※薬研語録)したら怒られますが。

 

さっそくウォールポケットを色々検索。とても楽しかった…こういうのはワクワクしますね。   すると、いいサイトがありました。様々な商品のベスト10を紹介してくれています。ウォールポケットもありました。

  ウォールポケットのおすすめ人気ランキング10選【おしゃれ!】

 

サイズや使い勝手も書いてあるのでめっちゃわかりやすい!
中に入れたいものに応じて、注文してみました。しめて¥15000ほど…けっこうかかってしまいました。

スクリーンショット 2018-02-02 16.01.51

主に書類ラックに入っていたもの。

・細かい文房具(カード、マステ、画鋲、カード立て、メモ帳など)
・クリアファイル
・…の中にコミケの申込書やなんか色々書類。
・資料になるかな、ととっておいた雑誌の切り抜きやチラシ類。
・資料本
・写真
・とりあえずあとで仕分けしようとおいてあった細かいグッズなど
・封筒類
・郵便局やクロネコの伝票
・切手類
・印刷所の印刷見本や紙見本

資料本や細かいグッズは、多分もう使う事がないだろうと判断したものは潔く駿河屋、買取王子にまわしました。クリアファイルも多すぎたので半分くらいさくっと廃棄。

仕分けした結果がこちらです。あ、画鋲は「ミツヤ ハイタック画鋲」を使いました。

スクリーンショット 2018-02-02 16.05.07

A4のクリアファイルや、封筒類、オタクの必須アイテム透明袋笑などを、先ほどのランキング1位の「1位:サキ ウォールポケット A4サイズ ポケット7P」×2へ。GUCCIのカタログとかは見栄えがするので入れてみた笑

スクリーンショット 2018-02-02 16.05.40

細かい文房具は全部「サキ カレンダーポケット W-416」と「サキ ウォールポケット CDサイズ15ポケット W-178」へ。取り出しやすくなりました。

これをしておく事で、日用品の在庫が一目で分かるので、無駄買いも防げます。また、引越のときにはちょっとたためばいけそうだし、何より、収納道具そのものを粗大ゴミにしなくていいのが大きいです。グラッツェ、ブチャラティ、グラッツェー!さすが収納のプロ!!

スクリーンショット 2018-02-02 16.38.55

祭壇笑の横には「サキ ウォールポケット マチ付マガジン W-431」。ちょっと重めのものを入れてもいけそうです。

印刷所の見本紙や伝票などは、デッドゾーンだったこの白いケースに無事おさまりました。半年前に手つかずだったから、フロッピーとか入ってた…笑

スクリーンショット 2018-02-02 16.43.49

 

スクリーンショット 2018-02-02 16.05.58

 

そして、資料用のチラシやコミケ申込の書類などは、「セキセイ ドキュメントスタンド 発泡美人 A4 レッド FB-2312」へ。名前はこうだが、このシリーズ超有能です!色んな色とサイズがあるし、フロント部分がレザーっぽいので高級感があります。
紙類はクリアファイルに入れがちですが、積み重なると何がどれに入っているかわからないし、こうやってインデックス付きにしておけばすぐに探せて戻せます。取手がついているので持ち運びもしやすく、安定もいいです。

おまけ。

ついでに、小物類も整理してみました。

UrbanStyle 衣料収納ハンギングオーガナイザー」(必殺技みたいですね)にハンカチやベルトやスカーフなどをおさめてみる。ハンガー系の収納グッズはこれまでいくつか買ってみたんですが、ようやく当たりに出会えました。

スクリーンショット 2018-02-02 16.02.10

自分の持ち物さらすようでお恥ずかしいですが、アクセ類も「umbra アクセサリー収納 BOW DRESS ORGANIZER(リトルブラックドレス ボウ) ブラック/ゴールド 2299045-042」に一部入れてみました。香水とか棚の上におきっぱなしだったので、きれいにおさまりました。

スクリーンショット 2018-02-02 16.05.28

これの何がスゴいって、裏にも17カ所アクセサリーをホールドできるマジックテープがついていることです。買って驚いてください!色んな種類があって可愛いですよ。

というわけで、2日かけて片付けた結果、書類ケースがカラになり、部屋が広くなりました。

スクリーンショット 2018-02-02 16.02.34

書類ケースは私の同人活動を支えてくれた8年間のありがとうをこめて、きれいに拭いて廃品回収に出しました。

あ、ところでこういう片付けとかの記事が結構溜まってきたので、あたらしくタグづけする事にしました(^o^)このブログ、自分の備忘録のために書いてますがどなたかの刺激や参考になったらいいなあ。

『美しくオタ活したい!』という私の心の叫びが現れている身も蓋もないタグですがよろしくおねがいします。

 

スクリーンショット 2018-01-03 16.32.02

去年の反省と新年の抱負

スクリーンショット 2018-01-03 16.32.02

ARアニキが期間限定で復活したのでふたたび新年ログインにお呼出ししました。気付けばもう刀剣乱舞に出会って3年をむかえようとしているんですね。はやい!

刀剣乱舞では中吉を引きまくり、グラブルでは10連を引き続けていますが、初詣にお参りした神社と地元の氏神様では大吉をいただきました。メッセージもおおむねよい事が書いてあり幸先が良いです。おみくじの結果に甘えず今年も謙虚な気持ちで…を自分に言い聞かせて過ごしていきたい。

同人以外でのプライベートでは、やっと金融リテラシーに興味を持ち始め、秋頃はずっとその勉強をしてました。セミナーに何回か参加したり本を読んだり友達の話を聞いたりなどして、初心者なりに頑張れたと思います。こんな面白い世界があったんだなあ。今年も引き続きがんばります。あとは、夏に家中の大掃除をしてつねにスッキリさせる導線をようやく作れたり。
そして10年以上ぶりに国外に出ました。5月に家族で身内が住んでいるシンガポールに旅行に行ったのです。海外旅行って慣れてる人はホイホイ行きますが私にとっては行くまでが不安で不安で笑 でも行ったらとても楽しかったです!シンガポールもまた行きたい。

■2017年の同人カツドウ!

samp-b5

hkd-cover

発行した同人誌は2冊。薬研修行本132pと花活ギャグ24p本で、トータル150pくらい。去年より少なくなってしまったーーーっ/^o^\

でも、それぞれ自分の中では課題に挑戦した本だったのです。

修行本は、長い時間をかけて「薬研の修行と成長」を描く事に取り組んだ本でした。そのへんの模様はこの記事で書いておりますが、思い返しても大変だった…
そして、発行から半年経ったあとに読み返すと、あの時はこれでもう全力、って思ってたわりには粗が見えたりして、まだまだ生かす反省が沢山あるなあってなりました。とくに絵が…絵が……!これは友人にも指摘された事なのですが、作画面においてかなりまだレベルが足りていないというか、もっと頑張れる幅が一番あるステータスであると私自身も思ったので、この本を出した夏以降、ちょっとだけ絵の修行をしたりしていました。

そしてそのプチ修行を経たあとの1冊が、「花&活デイトリッパー」だったのです。
描いた私にしか分からない部分ではありますが、これまで注視して描かなかったところを意識したりなど(と、エラそうに描いてますけど漫画を描く上ではマジで最低限レベル)ページ数は少ないですが見えない所に気合いを入れた本です。
あと、この本で初めてクリスタで印刷に出しました。

スクリーンショット 2018-01-01 16.46.12

表紙のカラー漫画はクリスタで初めて描きました(^▽^) クリスタを使って作品を描く、というのは立ててた目標の一つだったので、2割くらいクリアできたかも。
そして何故かこの本の告知ツイートが、普段の私からは考えられない反応の多さで、それもまたありがたいことでした。

スクリーンショット 2018-01-03 16.54.45

ここで、あらためて「薬研を描く」うえで考えるところがありました。
二次創作では、自身の作風をキャラに乗せるタイプと自身の作風にキャラを乗せるタイプがあると思います。前者は大手さんに多く「◯◯さんの(キャラ名)が見られるなんて!」と言われるタイプです。私は後者で、ベースとなる自分の絵にキャラの特徴をふわっと乗せて描くほうがしっくりくるタイプです。
私はとにかく石商先生の作風がモノすごく好きで、薬研を描く上でも本家の特徴にできる限り寄せて描く事が至上であろうと思っていました。いまでも、本家以上に完璧な薬研は存在しないと思います。ただ、今回の本で、「本家は本家」「私が描く薬研は私が描く薬研以上でも以下でもない」ことを実感しました。
もう何百ページも薬研の漫画を描いてきて原点に帰る感じになってしまうのですが、あらためて薬研を描く上でのポイントを自分なりにおさえ、今までよりもさらに「私にしか描けない薬研」を追求していきたいなと思っています。
その為に必要な基礎画力がまだ私には圧倒的に足りていなくて(書いてて悲しくなってきましたが)補うための筋トレのようなものを、これからクリスタと一緒にこなしていこう…というのが今年の目標です。

 

で。
一昨年陥っていた「ゲームばっかりしてて4ヶ月絵を描いてない」ですが、昨年はその期間が半年になりました。半年…絵の修行や友達の手伝いなどはしてたんですがやっぱり描いてない割合は高かったなあ…
刀剣乱舞に引き続いて、クラパンとグラブルを始めてしまったのがいけなかったのか…
クラパンについては、この記事では書き切る事ができませんので割愛しますが、この出会いがよいものではなかったのかというと全くそうではありません。グラブルも、活撃コラボがなかったら友人の話を聞くのみでしたが、はじめたらさすが1800万人のゲーム、いつでもやる事があって楽しいです。どちらも、一日何時間もやっているものでもなかったので廃人一歩前みたいな状態ではなかったはずです、たぶん笑

 

□2018年の目標

・さらに作品のブラッシュアップを目指す
「私にしか描けない薬研を描く」のも勿論ですが、1枚1枚の完成度を去年の本よりも上げていけるように努力したいです。挑戦したいこともいくつかあるので、思い切ってそういう活動ができる刀剣乱舞というジャンルのありがたさを感じてます。

・クリスタと仲良くなる
コミスタがもうサポート終了なので…カラーはだいぶ慣れたので、次はモノクロ漫画だ!

・体力つけて、夏コミか冬コミに出る
一昨年の夏以来出てないけどコミケやっぱり楽しそうなんだもん!!!!しかし昨年は熱中症にはなるし12月には虫垂炎を疑う謎の下腹部痛(結果、虫垂炎でも婦人科系でもなく…冷え?)に苛まれたりと散々だったんで、体力をしっかりつけて運動面と食事面をとくになんとかしたいです。

体型は取りあえず現状キープでもうちょっと腹筋とかつけていけたらいいですね。
昨年の11月でジムを退会したので、動画とか見て自宅でトレーニングする感じで今年はやってみます。

・体力つけて、また海外旅行に行く
友達と南イタリアに行けたらいいなって話をしてます。しかしニンニクを食べるとあっという間に胃腸が逝ってしまうそんな虚弱な胃腸でなんとかなるのか?!

 

年末に関東遠征したときに久しぶりの友人たちに沢山会えて、話を聞いていたらみんなすごくパワフルに頑張ってて、私もまだまだ頑張れる事は沢山あると思いました。今年も色々な人に会えたらいいなあ。
とにかく今年は「おごらず邁進」これを心に刻んで過ごしていきたいと思います!

 

back-wa

「解釈」という魔物と上手に付き合う方法を考えてみた

先日のインテで、とても素晴らしい同人誌を購入しました。
あまり長編の同人誌を見かけないキャラだったので、「いい本に出会えて嬉しいです」とお伝えすると、作者さんに、「解釈が合えばいいのですが」と言われました。
そのとき、こんな画力も高くてすごい話を描ける作家さんでも、事前にそんな風に言わないといけない状況なのか…とちょっとビックリしました。

 

「解釈」って言葉、概念としては昔からあったのですが女性向け同人ではここ5年くらいの間に出てきたような体感です。有り体に言えば、個人のキャラやカップリングに対する主観、というかんじでしょうか。「キャラ解釈」で検索しても沢山の記事が出てくるし、ファンの間でのもめ事の半分以上この解釈ってやつが原因な気がします。
この記事を読んでくださっている方も、何か好きな作品の二次創作などを読んでいるときに「あれ?このキャラってこんな感じだったっけ」という軽い違和感や「こんなの◯◯じゃない」と感じた事があればそれが「キャラ解釈の相違」です。合う作品や合わない作品があるのは当たり前だし、もし苦手な作品があったとしてもその作者の嗜好をとがめるのはお門違いだと私は思います。なんだか最近は、「よそにこう思われたらどうしよう」という配慮が昔よりだいぶキツくなったというか、読み手側も描き手側も必要以上に配慮してるような、そんな気がします。
SNS等で簡単に作者さんにコンタクトがとれてしまう以上、仕方のない流れなのかもしれませんが…

 

私が最初にキャラ解釈という概念を感じたのは、ペルソナ2の達淳同人誌を沢山読んでいた頃です。といっても、リアルタイムではなくリファインが出た2011年で、中古ショップで手に入れた1999〜2000年初頭の同人誌の前書きなどで淳に対するキャラの作り方などについて作者さんが書かれていたのを拝見したときです。
ペルソナ2は作中にも淳が「達哉が見ている僕とリサが見る僕では若干の違いがあるはずだ」(要約)と達哉に話すやりとりがあるように、いわゆる解釈が如実に出ている作品ですが、だからこそ二次創作界では色々な達哉や淳がいます。ただ、当時はいわゆる「解釈違い」でもめる事は滅多になかったそうです。私が活動していた2011年も、同じカップリング間ではそういった事は皆無でした。

その頃から、描き手によって表現するキャラが違うということはあって当たり前ということをわかっていたはずなのですが…
私自身、それがわかっていてもキャラクターによって許容できるキャラとできないキャラがいます。思い入れの深さはそう変わらないはずなのに、何故なのでしょうか。
多分、自分の中でここまでは大丈夫という無意識のボーダーラインがあって、それを超えると許容できない、という状態になるのだと思います。「供給が少ない」「カップリングだから」等の理由でそのボーダーラインは自分勝手に上下するのですが、それは何かを好きになってしまった以上仕方のない事なのでしょう。

 

解釈と付き合う方法その1「自分が何故そのキャラ(カップリング以下CP)を好きなのか、どこが好きなのか、を言語化してみる」

 

漫然と「推し尊い」と言っているだけでは、Twitterの破壊力の高い140文字にはあっという間に心が流されてしまうと思います。Twitterの上限文字が何故140文字なのかというと、脳にダイレクトに伝わる上限がこの文字数なのだと何かの本で読んだことがあります。
それだけインパクトの強いタイムラインで、言葉の強い人が呟くと、それだけで影響されてしまうでしょう。
自分のキャラ観を貫きたい、と思っている方は、一度文章で書き出してみる事をおすすめします。
ちなみに、この方法は藤田和日郎先生の「読者ハ読ムナ」にも近い事が書いてあります。

自分なりの主観をしっかり言語化しておく事で、「この人はこうだけど、私はこうだから」と自分を保つ事ができます。

 

解釈と付き合う方法その2「他に逃げ道をつくる」

 

カップリングやキャラに一途になりすぎると、今度は例えば公式サイドが自分の希望していない展開を打ち出したときに心が打ちのめされてつらくなります。
私の場合は、(詳細は省きますが)ジョジョEoHがそれだったのですが…その時は刀剣乱舞があってよかったと思いましたし、逆に刀剣乱舞で受け入れがたい事があると、ジョジョの黄金の精神を思い出して立ち直れたりしました。女性向けと男性向けを両立するのもいいと思います。カワイイ女の子は癒しです。


解釈と付き合う方法その3「同じ推しではないが話は理解してくれる友人を作る」

同じジャンルでも専攻カップリングが違うとか、作品は知っているけど別ジャンルで活動しているとか、そういう友達が一人いるだけで違います。
作品を人目につく所に出していれば大なり小なり色々あるもんですが、大体友達関係が長く続くのって考え方が近い相手が多いので、お互い愚痴を言ったりしてスッキリ、とか結構おすすめです。


解釈と付き合う方法その4「他人を変えようと思わない」

よく「作品で殴る」という言い方を見かけます。
対象は主に対抗カップリングの愛好者だったりする場合が多いようです。私も血気盛んだった頃はこの言葉の通りだったこともありましたが、その頃を思い出しても思います。
「殴っていたと思っていたのは自分だけで殴れてなかったな」と…

考えてみれば不毛な行為です。
同人誌って元々、自分の「好き」を表現するものなのに、嫌いな相手を殴るために使ってどうするのだと。
勿論、怒りが原動力で作品を描き上げる方もいるのでこれは人それぞれですが、私の場合は、多分こういうスパイラルに陥るなと予想できます。

対抗CPの相手を殴るために作品を描く

 ↓

同じCPの人ではなく、対抗CPの反応のほうを気にしてしまう

 ↓

何が描きたいのか、自分がどこに行きたいのかわからなくなってくる

 ↓

精神的に疲れて、ジャンル変更

また、刀剣乱舞ではありませんが、過去のジャンルで「こんなの◯◯じゃない」的なメッセージをもらった事は何度かあります。今思えば、メッセージの送り主は私の描くキャラが自分の希望と違っていたために怒ったのだと思いますが見当違いもいいところです。そんなメッセージを送った所で、「じゃああなたの望む◯◯を描きます」となるわけがありません。
それよりは、自分の理想の二次創作を探して作者に激励メッセージを送り、作品を量産する原動力にしてもらう方が生産的だと思うのですが。

 

解釈と付き合う方法その5「違うジャンルの作品を見て表現方法などを磨いてみる」

二次創作を見るための時間を、表現したい事をブラッシュアップするための時間にしてみました。私の場合はバトル漫画を沢山読みました。
また、-ONLINE-をプレイしているとき、実際は立ち絵が動くのみの画面ですが、「ここでこうやって敵を倒すのかな」と動きをシミュレーションしたりしました。
歴史関連のサイトなどもよく見ました。

 

解釈と付き合う方法その6「他の作品を見ない」

一番手っ取り早い方法です。でも、なかなか難しいですよね。特にカップリングを専攻していると、他の人に作品がとても見たくなると思います。

自分の場合ですと、現在の私のメインジャンルは「刀剣乱舞」、専攻キャラクターはアニメ2つと舞台でも登場する「薬研藤四郎」。人気キャラなので、二次創作もたくさんあります。

薬研の話を描こうと決めた2015年の2月から、私は薬研関連の二次創作を見る事をすべてやめました。なので、人気の作品もどういう傾向が好かれているのかも、ほぼ知りません。
先述の「自分の中での許容のボーダーライン」がどのように働くかわからなかったからです。
もう一つは、一般向けで活動しようと思っていたのでカップリングが9割を占める二次創作を見たら、やはりそれこそどういう思いになるかわからなかったからです。
それまでのジャンルでは、他の方の作品を楽しんでいましたし、現在でも薬研以外の作品は楽しく拝見しています。

薬研の創作に関しては着地点に描きたい話が2年前から決まっていて、そこに到達するための物語を描いている途中です。
表現したい事がどうしてもある場合は、他の作品の影響を一切受けず、自分の中から生まれるものを表現するというのも同人活動の醍醐味の一つではないかと私は思います。
公式の関与したスピンオフに関しては後述しますが、こちらは公式設定を汲んでいる事が多いので見ています。が、しかし、それでも私の薬研観とだいぶ違う薬研がそこにいるので新鮮です。

 

公式スピンオフ等で解釈違いが発生したとき

 

つらいですよね。心が濁りますよね。私も何度も経験があるのでわかります。
ただ、「これはもう変えようがなく、動かしようもない事なのだ」という事をもう覚悟するしかないと思います。
この展開がいやだから変えてくれとファンが要望を出して公式が動く、ということは、ないわけじゃないと思いますがほぼないからです。

そういうときは、波立つ感情をしずめるためにしばらく作品から離れてみるとか、他の事をしてみるとか、気持ちを逃がす事が大事です。
気持ちに余裕があれば、「何故不快に思ったのか」を冷静に書き出してみるのもいいと思います。
愚痴を文字にして吐き出すような場所には、絶対に行ってはダメです。ますますどんよりした気持ちが加速します。

私の場合は、花丸7話の薬研くんがちょっと苦手でした。
けれど、時間が経ってだんだん、そういう薬研くんが大丈夫になってきました。
兄弟をとても大事にしているからこそ、3話から7話に帰結したんだなと自分の中で納得できたからです。今では花丸のコミカライズを読み返しては「かわいいなあ」と思ってます。2期が楽しみです。

 

 

まとめ

 

二次創作界は、言ってみれば自分の考えた最高の推しキャラを見てくれという世界です。
解釈というのは、受け手によって幸せになれるものでも、気分を悪くするものでもあります。しかしそれによって二次創作界は成り立っているので、意識して上手に付き合えばきっと「こんなの◯◯じゃない」というもやもやした気持ちよりも「良い作品に会えてもっと◯◯が好きになった」という気持ちの比重の多い二次創作ライフが送れるのではないでしょうか。
私もまだまだ精神修行中ですが、最終的にはそんなふうに思える気持ちのありようを目指したいなと思ってます。