yurikuma-12-2

ユリ熊嵐のらくがきログ

201411072015011520150128-120150128-2201502052015021020150217201502242015030920150319yurikuma-12-3yurikuma-12-1yurikuma-12-2

1枚目の紅羽だけ放送前に描いたやつです。
ああ〜〜〜〜〜〜ユリ熊素晴らしかった。名作すぎるほど名作だった。こんな百合のストーリーを見てみたかったし、きれいで可愛くてスタイリッシュな映像もよかったし、OPとEDは聞くたびに泣いたし、全てが素晴らしかったです。それにしても5話の妄想炸裂銀子と後半のシリアスさのギャップがすごい。あんまり描けなかったけど断絶のコートの3人も好きです。みるんも可愛いです。
それぞれの感想とかは「ユリ熊嵐」タグを見てね。

yurikuma-12-3

ユリ熊嵐最終話感想ッ(ネタバレ注意)

yurikuma-12-3

さすがにあとの絵はネタバレがキツすぎるのでライフ・セクシーさんに小狐丸(とうらぶ)。「シャバダ…ドゥっ」めっちゃ笑った

もう正直11話からの展開が怒濤過ぎて、先週はついに最終回を前に気が気でないテンションでありましたが、最終回、みました…もう思い出すだけで涙がにじむ最終回。といっても悲しさからではなく、きっとあのKMTGの女の子がにじませた涙と同じ種類のはずだ…!

実は予告を見た時に。
「ああーるる一度死んじゃったけどきっと紅羽が断絶のコートで契約してるるを生き返らせて、かわりに『銀子とるると出会った記憶を全てなくす』からのループして再会、とかになるのかな^^」なんて予想を生意気にもたてていたんですが、見事に全部裏切られましたよね\(^o^)/

だってOPからしてもう3人の世界ってかんじだったから、そこからるるが外れるというのは?!だったわけです。ラストのシーンはハチミツ瓶や絵本があったってことは完全に天国…でも、それがるるの一番の望みだったわけだからよかったんですね…

yurikuma-12-1

先週までの私がこのるるの処遇を知ってたらなんでや!ってなるところですが、紅羽の「実は契約していたのは紅羽だった」で、すべて納得してしまった。
出会ったときから2人はお互いのことを守ろうとしてて、澪愛は大人の目線でそんな2人を見て、あの絵本を描いたんだろうなあー。出会ったときから承認していたのに世界が引き離さざるを得なくなって、最初は2人ともエゴでお互いに傷をつけあうようなことになってしまったけれど、最終的には罪を認めて本物のスキを見つけて…って、1話から12話まで流れるように完成されていて、素晴らしかったです。
クマリア様が純花の姿をしてたのは、元々クマリア様だったのかと思ってたら考察で「紅羽の視点で見たから」というのを見てなるほどと思ったり。

最終的に紅羽と銀子はどうなったのか?っていうのも諸説あると思いますが、「スキをあきらめない」という美しい感情を貫き通した2人は、「クマでもなく、人でもなく」「人であり、クマである」という全てを内包した、永遠の概念的な存在になったのかなあと思います。それに名前を付けるのならば、やっぱり「愛」になるんでしょうね。
そんな2人だったから、透明な嵐はなくならないけど、ロボこのみとKMTGの女の子のような存在が世界を変えていくのかも。

yurikuma-12-2

飛び込み台?からのシーン、泣きました…銀子よかったな…ほんとによかったな…もー幸せになりやがれ!!5話の妄想銀子の妄想が現実になりますように♥

「ユリ熊嵐」製作に携わった全ての方々に、こんな素晴らしいアニメを届けてくれてありがとうございました…作品が氾濫する中、ユリ熊嵐を見つけられてよかったです。たくさんのスキを私も紅羽や銀子やるる達からもらいました。本当にありがとう。BR買います。

 

20150319

森の娘を見つけた月の娘 ※ユリ熊10話感想

20150319

くれちんと銀子が幸せになりますようにィィィーーーーーーーーーーーーーーーッッ!!!!!!!という気持ちを込めて描きました。

ユリ熊の第1印象で一番好きな子は紅羽でしたが、今回のエピソードでますますスキになった!
るるをあんなふうに逃がしたのも、人間の透明な嵐に巻き込まないようにするためなんでしょう…1話当初はクマに右往左往って感じでしたが、もともと優しくて強い子だったんだなあ…くれちん…お母さんと同じ事をしたっていうのもまた…!そして同じように、クマを逃がしたあとクマに食べられてしまうのか?というところでまた今週ぶんが終わってしまった…覚醒銀子、気になります!
あと意外に蝶が有能でびびる。あのクラスは一体何人マタギ飼ってんだ!!
クマタギ=KMTGとか、紅羽の部屋に熊嵐(なにげにwiki見てトラウマです)の写真とおぼしきものが飾ってあったりとか、細かい…

澪愛の描いた絵本の内容も、なかなかにシビアだなあと思います。自分を撃つとか、引き裂くとかおだやかじゃないな。でも童話ってたまに小指を切って鍵の替わりにするとか滅茶苦茶なことをしますよね笑 前回、紅羽がそんなバカなって反応だったんで、2人がくっつかないエンドなんだろうかと思ってたらむしろそうなることにあり得ないと思ったなんて、道のりが遠すぎる…
内容と関係ないですが絵本の作画がどれもこれも美しいやらかわいいやらで、担当された方の作画レベルの高さを随所で感じます。出版しないのかな…

そしてるる、屋上で銀子の罪をぶっちゃけちゃった理由がまっとうでちょっと安心しました。9話の予想は外れそうだ…よかったよかった。るるとくれちんの関係はお互いに思うところがない分距離感半端なさそうなんですが、何となく仲良しなところがいいですね。
るるも、銀子&紅羽と別格で好きなんですがどうやったら3人とも幸せになれるんだ…と考えるともう答えはオープニングにしかなかったっていう笑
紅羽が忘れていた理由もるるのおかげで判明して、ますます銀子の一途さに泣けてきますが、来週辺りは覚醒しちゃって対面ですよね。何故ユリ裁判に紅羽が?ってところも気になります。あと2話だし…あと2話しかないのか…ううっ

あと、今回はライフ・セクシーが最終回に向けてのせいなのかなんだか慈愛すら感じるキャラになってた。先週ユリをピーピングしてたとは思えないです!
それから前回&5話感想の記事をなんと幾原監督がリツイートして下さってたみたいで、恐れ多いやらありがたいやらです。ユリ熊1話を見たときは変わった百合アニメだなあと思っていましたが2話からどんどん面白くなって今ではオープニングでタイトルが出た段階で涙腺が緩んでます。来週も蝶目が離せないです!

20150309

\クマダーク/ 9話ネタバレを蝶含みます※

20150309

蜜子はやっぱり良キャラだった。

2週間待った甲斐がある怒濤の展開!!いえ先週のもあれはあれでよかったんですが、次回予告情報を一切入れないでみてたのでタイトルで「今すぐあなたに会いたい!」で「銀子おおおおおおおおおおおお!!!!!!・・・・・・・え???????」となったのでした…ボンジュールさんのインタビューで歌詞の組み立てがすごいな!とわかったのはよかったのですが…あとエンディングのクマ3匹はめっちゃかわいかったです!

で、今週ですが…ですが……

唐突に出てきた蝶の子は一体何なんだよぉ!笑 蝶あぶなかったわねとかキャラづけなにげに上手いぞあなどれない!!

やっぱり銀子は純花を見殺しにしちゃってたのか…しかもそのときの気持ちまでもがしっかり描かれていて、せつない銀子せつない!純花もいい子だし、紅羽にスキをもらう理由もこういっちゃあなんですが、正当性がしっかりあって、本当にただの銀子の嫉妬というところが余計に切ない。見ている私としてはやはり過去が重いぶん、銀子には幸せになってもらいたいと思うし、5話の笑顔を現実で見たいし、4話の希望に満ちた銀子がカッコイイと思ったし、そんな理由で銀子を応援してしまいますが…
今回のみどころは紅羽。
最初のくれちんだったら、まず銀子の罪を知ったあとでも、見殺しにした、という事実から感情的にならずに真実を知りたいと銀子に会いにいこうとする。ここで銃を持ってないっていうところが最高に泣けます。
さらに、ユリーカに対して大事なお母さんを殺した相手として普通怒りますが、なんと静かに看取っている。しかも冷静に話を聞いてる。
もう、この時点で私は紅羽にとっての銀子は、大切な存在になりつつあると思うのです。絵本の続きどうなってるの?澪愛が話してくれた通りのハッピーエンドにならんの?そもそも、紅羽が見つけた絵本は本物なの?気になるー!!
ダークサイドに堕ちたっぽい銀子も気になります。覚醒銀子…
紅羽は真実を知って未来を見つめようとするけれど、銀子はずっと過去にこだわって、今以上の先をあんまり見ようとしてなくて、くれちんには是非銀子を未来に引っ張ってほしいです…あれ、紅羽x銀子なのか…?!

本日の謎。
蜜子(仮)は誰だったのか。幻想的な描写が多々ある作品とはいえ、本当にあれが蜜子だったら澪愛だって紅羽じゃなかったはず。それに、ケガをした銀子を誰が看病したのか、っていうのも謎です。
ここでちらっと「デザイアー」が頭をよぎりましたが、いやまさかそんな……でも「デザイア」って「欲望」っていう意味だし……いやでもまさかそんな……
でもユリーカそうそうに舞台退場しちゃったしな……
ユリーカが、るるを「スキを無視され裏切った」と言ってましたがあれはユリーカの歪んだ視点からのご意見であって実際そんなことないと思いたいけどデザイアーの子だしな…!

細かいところではくれちんの下着が大人っぽくてエロいと思ったところ&ライフ・セクシーが意外に俗っぽかったところ&ユリーカ器用すぎる、がハイライトでしょうか…蝶目が離せないわね!あとほんと「TERRITORY」の発売遅すぎですし…最終回の5日前とかどういうことなんです/^o^\

20150224

牙で絹を裂いちゃって

20150224

ユリ熊8話みました…みました…ウオオオオ

ユリーカ先生の少女時代が好みどストライクで前半が体感3分くらいで終わったぞジョジョーーーッ!!!!
先週の感想の気になるところの半分くらいが明かされた感じでしたね!

ユリーカと銀子の対称的なところがすごくグッと来ました。
同じように承認されなかったのに、銀子はいつかスキをもらえること(=スキをあきらめない)を信じて愛する人を守ることに徹しているのに対して。
ユリーカはその環境がそうさせたのか、スキなものは文字通り自分だけのものにしてしまえばいい、っていう「スキをあきらめない」というユリ熊の世界でもっとも尊い信念を捨てて、自身のエゴにためにひたすら愛する人を殺す。
もし紅羽と澪愛、銀子とユリーカの立場が逆になったとしても、銀子はまず紅羽がペンダントを渡す理由を理解しようとすると思うし、今度は紅羽とその家族を守るくらいの事はするんじゃないかと思うんですが…
っていうか、澪愛もそんな大事なものを(大事だからこそ?)他クマにあげちゃダメだと思うよ…本当の友達になったのに、ユリーカが求めているものにきちんと答えを出さずに普通のしあわせに逃げ込んだところは澪愛の罪であると思います。スキとスキのすれ違い。せつない…そりゃあ確かにユリーカ重いけどさ…だからってそのしわ寄せが銀子と紅羽にいくのもホントにおかしな話ですし、はやく2人がしあわせになってほしいです。

るるは銀子のためにあえて真実を告げたんだと思いたいけど、もともと邪魔邪魔邪魔ーなものは排除するのがるるだし、8話のあの感じからすると、ひさびさに出ちゃったのか…?デザイア…完全に屋上で百合の修羅場が展開されてて…そこで8話が終わって……
純花だけが天使だった ってことになりませんように\(^o^)/

あと今日も高みの見物だった断絶のコート勢。あのポジションって一番楽しいよね!!ビューティーが食べてたのってなんですかあれ…ナポリタン?もう1回見なくては…
ユリーカを拾った謎の男(?)…どこのオスカー警部補ですか?!と言いたくなったけどヒールと髪型しか共通点ないか。カッカッ

明日は待ちに待った「あの森で待ってる」の発売日なのでたのしみです!