20140321-1

恥パのトリッシュ短編読みました(ネタバレ注意、G&Bに特化しています)

ブチャラティの墓参りに行くトリッシュの話、ということでぞんあまでラノベ1位になってたのこれブチャ売れ現象?
そんなわけで読みました!例によって偏った感想などを述べたいと思います。ネタバレを見たくない方は閲覧注意です。

2016年追記:「ブチャラティ トリッシュ」の検索結果の上のほうに出てしまっていて、期待された方には申し訳ありませんがタイトル通りジョルノとブチャラティの話題に特化しておりますのでここから先の閲覧はご注意下さい。

覚悟はいいか?オレはできてる。

お話自体は20ページですぐ読めるんですけどなにせ情報量が濃いです。
恥パ本編でフーゴの見た夢がアレだったもので、書き下ろしもそれっぽい要素があるのかなーと思ったらそれもなく。あと、ブチャラティのお母さんが出てきます。この2人の会話とトリッシュの回想がメイン。

まずブチャラティのお墓に注目。「決して大きくなく、品の良いささやかな装飾が入っている」
そのとなりにはお父さんのお墓。えらいなブチャラティ… こんなかんじかな。
20140321-2

トリッシュは葬式には参列するのをジョルノに止められたそうですが、ここでささやかに疑問があります。
喪主、誰?
普通に考えたらジョルノ?
ここで小生「誰が殺したコマドリを」の歌を思い出しましたが、ジョルノは鳩だね♡と思うより先に「クックロビン音頭」が出てきたので安定のギャグ脳です。
ディアボロとの事を一般人のお母さんにわからないように言うところが大人だなートリッシュ。

トリッシュの持ってきた花にも注目です。
白いチューリップ。それ自体は悪くないのにその理由が「何だかブチャラティの髪型に似ているから」
トリッシュさん!?これはもう白いチューリップの花束抱えたブチャラティや、ジョルノが育てた球根から咲いた白いチューリップの中に小さなブチャラティが、やら、ブチャラティの球根(意味深)やら、ブチャラティのめしべ(意味深)やら、二次創作にも白いチューリップが咲き誇る未来しか見えません。

ここまでで2ページ。ほら、濃いでしょ!?

このままでは永遠に終わりに辿り着けないのでさくっといきます。

トリッシュの回想シーン。コロッセオでブチャラティのなきがらに遭遇したジョルノ達のシーン、おおおこれ書いちゃったのか…と戦慄しました。
上遠野さんのジョルノも、結構クセがあるなーと思いながら読んでましたが今回も上遠野ジョルノ節炸裂。まあ、スタンドが針目縫なブチャラティに口を縫われ日本刀ふりまわしてた某ジョルノよりは、ジョルノっぽいでしょうか…笑
ミスタと4の場面は、恥パの本編を読んでも思うところがあったところが確実になった感じ。いつか漫画にしたいです。
ジョルノが、「ブチャラティは誰かに背中を押してもらいたがっていて自分がそれをしただけ」というのは私も同じように思ってたので頷いてしまいました。
つねに亀を抱えてるジョルノが何だかトンちゃん係のあずにゃんみたいで微笑ましいじゃねーの…と思いながら読んでいたら…

ジョルノ、ブチャラティの死体の傍らに膝をつく。

ジョルノ、「その蒼白の顔をそっ、と撫でる。」(原文ママ)

ジョルノ、「真摯に、囁くように語りかける。」(原文ママ)

ここで改ページです。もうジョルノとブチャラティ好きのテンションははじけるレモンの香りです。ページをめくるのが恐ろしい!そしてジョルノは開口一番

「最初に会ったとき、君に頬を舐められたな、ブチャラティ」

!!!!!!?????

何を言うかと思ったら何を言うんじゃ!!!???

真摯に囁く言葉がそれかい!!とか、ブチャラティにまで「君」かい!!とか、色々言いたい事はありますが

ジョルノの中でそれ忘れられてなかったのか・・・・・・・・・・・・

というのが一番大きいです。きっとブチャラティ本人もあんまり覚えてないよそれ!覚えているのは読者だけだと思ってた。ジョルノもバッチリ覚えてた。
言ってみればこれは承太郎が花京院に「最初に会ったとき、おれのへたくそな絵を描いていたな」と語りかけるようなものです。たぶん。ジョジョの流れ的に忘れてしかるべき演出の一部だったと思いたかったです。でも、ジョルノとブチャラティにかんしてはそうじゃあなかったんだなあ。

ここで勘違いをしないでほしいのですがジョルノは大真面目です。
大真面目にこんな思い出をブチャラティだけに語りかけているのです。ああ、なんという、愛はオメルタ…✌(◔ڼ◔)✌ 美しすぎますッ!

それにしても上遠野ジョルノ節はほんとすごい。本編で一回もブチャラティの事「君」って呼んでないジョルノだったのに…なんとなく、ジョルノって自分と同等のポジションや敵相手にそういう呼び方をする事が多いようなイメージで、ブチャラティには二人称「あんた」を貫いてたと思うんで衝撃でした。いえ、あの、スタンドがグランクチュリエのブチャラティが怒った時も某ジョルノは「君の気のせいだ」って言ってたけどあれはパラレルだし…

囁くように言ったんだったら他の人には聞こえないですよね。ジョルノとブチャラティが2人で話をする時はいつも2人きりだったからその延長が無意識に出ちゃったりしたのかな。
「君」呼びのジョルノ新しいな…でも本編でジョルノが「君」って呼んだらブチャラティ混乱すると思うよ。
でもスピンオフの小説で「君」呼びをして下さった事で、脳内イメージソングの二人称が「あんた」じゃなくてもオケオケオッケーになったのでベネです。

更にまだケーブルカーの話を引っ張るジョルノ。

「しかし、もう嘘はつかない。君の魂に懸けて、それを誓う」

なんか誓ってる!!!!!??????っていうか、自分のじゃないんだ笑

まだブチャラティが空の上で見守るモードだったら「オイオイオイオイオイオイ」って露伴先生風に突っ込む事必至…と思ったけどブチャラティだから「よくわからんがそういうことでいいんじゃあないか」って納得するかな。
あのちょっとジョルノをビビらせようと思ってやった事が、まさか魂に懸けて誓われちゃうなんてジョルノの思考回路どうなっちゃってるの?!ミスタのポリシーというかアイデンティティの「4」にこだわるのはぼくには関係ない、とキッパリ言ったばかりなのに…ブチャラティの特技?にはしっかり踏み込んでしまうなんて…!?
でもこれ、結構重い台詞ですよね、だって今後ジョルノがウソをついたら。ジョルノにとってブチャラティの魂はそれだけ軽かった、ということになってしまいますから。ジョルノのとくいな「スマン、ありゃウソだった」が見られなくなるなんて/^o^\

そしてそれがそのまま新生パッショーネの礎になってしまった。

20140321-1

これまでジョルノとブチャラティといえばこれ↓

みんなネタ扱いだったのにジョルノにとってはこんな衝撃体験すらも自分がこれから背負っていくパッショーネの礎にまで昇華してしまうなんて…魂に懸けて誓われちゃうなんて…もうASBのブチャラティ選択台詞その2すら神々しく思えるようなそうじゃないような?あんたその台詞に魂懸けて誓われてるで…って誰かあの杉山ブチャラティに教えてあげてください多分喜んでくれます。
深く考えると頭を抱えそうなので考えるのをいったんストップしました。

もうジョルノのブチャラティメモリーのくだりが衝撃すぎてそのあとの展開が余り頭に入ってきませんでした。
ブチャラティに関わった人は彼の死を悼むあまりに先に進めなくなってしまったけど何らかのきっかけで恥パのラストではフーゴもトリッシュも前に進めるようになってよかったです。

そして物語はエピローグを迎えるわけですが。
ブチャラティ母はトリッシュに「ブローノは自分ではなく父を選んでしまった」と言います。トリッシュは「ブチャラティの遺志を伝えてもらえなかった、ジョルノには夢があり、悲しみを力にかえて生きていけるけれど私には出来ない」と想いを馳せます。

ブチャラティが自分の幸福のために選んだ相手は…
ブチャラティが天に昇る間際に想いを伝えた相手は…
ジョルノに「夢」という言葉を教えてくれたのは…

と、いう面に目を向けてみるともう、ほら、ねえ!!

更に追い討ちをかけるように風がブチャラティの花びらを散らしたりします。こっちは腐女子だから!感受性強いから!そういう表現はライフがメーター振り切るから!!

すいませんいつもこんな落ちで…真面目に思うところはいつか作品で昇華させたいと思います!

とりあえず白いチューリップがもう普通に見られない。

SBR完走!とらくがき

SBR、完走しました。

感想、言いたい事はホントに色々あるんですが、もうなんというか壮大すぎて、大統領もいいラスボスすぎて(保証OKとか)、ジャイロはもう反則なくらい男前過ぎて、ジョニィは成長がまぶしすぎて、ディエゴはディオすぎて笑(息子登場希望)、スカーレットさんのキャラは強烈すぎて…あとマジェントが乙女すぎて…とかもうほんといろいろ…
途中でウルジャンに変わったそうですが、ウルジャン連載でよかったですよね。ジャンプの「友情・努力・勝利」の3原則に則ったお話だったら、ラストはあんなかたちにならなかったと思うし、それはそれでジョニィがつかみ取ったハッピーエンドになるかもしれないけど、深みは段違いだったでしょう。
あの男の子も風邪で死ぬ事はなかっただろうし。
あとルーシー。ルーシーの行動力と精神力は、歴代のジョジョヒロインの中でもトップクラスですね。スタンドも持っていない普通の女の子が、旦那様への愛と気力と頭を働かせてあんなに動き回って、すごいよルーシー。
ホット・パンツはシビル・ウォー戦で何だかキャラが変わって??
13巻のルーシー救出のあたりはもうかっこよすぎたんですけども…
ディエゴはいいかんじにクズかっこよかった(褒めてます)
子供時代がなんだかジョルノみたいだなァ…♥なんて一瞬思いましたが、ジョルノの幼少時代はリヴァイだったー!と我に返るなど。個人的には1位穫ったあとリベンジも各方面に果たしてほしかったです。
そしてジョニィとジャイロ。
最高コンビですよね。アツいね!!友情ってこういうことなんだって思います。
たった1週間しか一緒にいられなかったあの人たちを専攻している身としては、うらやましいです。
ジャイロのかっこよさが反則だし、ジョニィの弱いところも強いところもすごくいい…んですが、この二人は友情燃えかなー。ノンケバリアが強すぎてAct4でもこじあけられない!といいつつ人様のご本は読みます!
じつはジョニィに関しては、8部のウルジャンで彼の最期を先に知ってしまったので…
「地蔵になった人」という印象が専攻してたので7部完走したらその印象を改めねばなりませんでした。精一杯生きたんだなって…。
元カノがちょっと髪型がブチャラティに似てるよね。
ジャイロの昇天のシーンは、もっと引っ張るかと思ってました。
ジョニィを本当の友達と認めたからこそなのかな。ツェペリ家だもんね、で済ませてはいけないものがあると思ってます。
文庫化待ってたけど読んでよかったー。
今日はASBの発売日でもありますね!大統領の登場シーンかっこよすぎ!
大統領も、国のトップとしては間違ってない…と思います。ジョニィとの交渉シーンあれなんなんですか笑 真面目なシーンなのに吹き出しの中の小さい絵が多すぎてコミカルに!
ビフォーアフターぶりについては何も言わないでおく…
で、落書きしてみた一番お気に入りのキャラ、シュガー・マウンテンちゃん!
可愛いとは聞いていたが本当にかわいかった。
可愛いとは聞いていたがロリババアなんて思わなかった。
可愛いとは聞いていたが不思議キャラだなんて思わなかった。
シュガーちゃんかわいいよ!!べ、べつにおかっぱだから好きなんじゃないんだからね?
シュガーちゃんを見たあとにブチャラティ見ると「ああやっぱブチャラティって男だなあ」って思います笑
どっかの異次元でこういうことあるだろ?
D4Cさん見せて下さい!!
なんかとりとめないですが、これから何度も読んでかみしめるジョジョになるだろうなーと思いましたSBR。うちは5部専攻ですがまたちょこちょこ落書きとかしていきたいです!

JOJO6部まで読んで割と真面目に感想

究極ってかんじでしたね。時が更に加速して新しい宇宙を作ってしまうほどの能力。
すげーーーよくこんなの思いつくな、そして週刊誌で連載するな!!!!???あらためて荒木先生の恐ろしさがわかりました…
ものすごいスピードで原稿執筆する露伴先生もスゲー笑
それぞれ独立した話にみえて、(あ、でも5部はちょっとちがうかな)ジョースター家とDIOさまの宿命的な戦いが究極のかたちで完結したっていう感じでした。
最終的にエンポリオ&ウェザーのスタンドとプッチ神父の対決になって、ジョースター家もDIOも間接的に関わったっていうところが仲間の絆の糸を繋げていくJOJO作品らしいなあと思いました。

えーとそして、パラレルワールドになったわけなんでしょうか。最後にジョリーンやアナスイに似たみんなが登場した時も、最終話のタイトルにも泣きました。
ただ、この後のエンポリオを思うとちょっとつらい。見た目や性格は同じでも、自分の知ってるジョリーンたちではないし…
F・Fも言ってましたが、「同じ記憶を持っていない限り本人ではない」っていうのは、以前のその人物を知るものが見たらすごく寂しいことじゃないかと思うんですよ。
アイリンがそばにいても、エンポリオにとってはやっぱり「おねえちゃん」はジョリーンなわけだし。あとがきで荒木先生が愛と情は受け継がれてるって書かれてたので、そこが救いかなあ…。

そして、多分DIOとの因縁が「向こう」の世界で切れたからスタンドも使えないですよね?
ぶっちゃけジョルノとかどうなっちゃったんだろう…そもそも存在すらしてないんじゃ?/^o^\
DIOとジョースターの運命の関わりがなかったら、花京院も生きてるのかな?花京院のスタンド発現はDIOと関係なさそうだから、相変わらず友達はいないかもしれませんが笑
プッチが死んで彼のスタンドも消滅したことで、「人が自分の未来を知る」ところまではなくなったと思うんですが、また断ち切った因縁が復活ってことになったりするのかな…?
はよSBRとジョジョリオン読まねば!
これが別の作品だったら、DIOさまとジョースターの戦いを実は更に上位世界でチェスの駒のように争わせていた存在があるッ!とかそういう展開になりそうなものですが笑 JOJOのテーマ的にそういうのはなさそうだしだがそこがいい…

人類の幸福をうたった悪役側の理論を扱う作品は、いくつか見てきたわけですが、プッチの言い分が一番納得できました。これってDIOの持論でもあるのかな。
何が起こるかわかっているから覚悟ができる=恐怖や不安がない=幸福、という。
妹を死なせてしまったプッチ本人の実体験があるからこそだと思うんですが、本当に納得してしまった。
けど、やっぱりすべてを「運命でした」ということにして運命というものに囚われてしまうのは、悪役側の負けフラグだよなあと思わずにはいられない…
安らぎを求めすぎたがゆえの最期でしたね。これまでのラスボスの中で、一番憎めなかったのもプッチ神父かも。

個人的には、どの作品においても「運命」と呼ばれるものはみな「可能性」だと思っています。
それぞれ自分で選びとった可能性が引き起こす事象を、「運命だった」と自分で納得しているもので。選ぶのも自分、納得するのも自分。つまりは、神がいるとしてもそれは自分のなかにしか存在しないわけで、その精神力の強さがJOJOではスタンドそのものの強さになっているんじゃないかな。
でも、戦っているのは自分1人ではなく、ジョースター家の皆さんにも、DIOの系譜のみなさんにも仲間がいる。それぞれが自分の可能性を選び、自分の可能性を信じる気持ちがより強い糸になり、可能性の糸が織られて海になる。海は太古の昔からそこにあり、歴史を見つめ続けている。
荒木先生の解説とはちょっと違いますが、ストーンオーシャンの「オーシャン」は私にはそういうものにも見えました。

そしてもうひとつ、ずっと1部から読んできて見えてきたものが「生きる」ということ。
先日、ブチャラティの最期の言葉に萌え泣きした私でしたが。アナスイもウェザーの死において同じこと言ってたァァァーーーッ
たとえ死が間近にあるような状況でも、自分が生きていると感じられることが、自分の未来がわかって覚悟できることなどよりもずっと幸福なことなんだと。
状況が状況なだけに、日常を生きる私達にはそれを見つけることは難しいかもしれないですね。でも、JOJOを読んだから、そういうものがある、という事がわかっただけでもJOJOでうたわれている幸せに近づけた気がします。

いやーほんとに何度も言うけど人生の損をひとつ取り戻したよ!!
素晴らしい作品だJOJOすごい。また1部から読み直したいです!
アッそれとアナスイおめでとう笑!
ウェザーの「お前が俺を殺せ」にもときめいたけど、ジョリーンがプロポーズうけたときには素直に感動しました!パパ様は許してあげたらいいと思います><
世界復活のどさくさに紛れてブチャラティも生き返ってねーかなとか最終的にとても私らしいしめをして終わります笑