ジョルノ&ブチャラティによるジョジョASB攻略本のレビュー(G&Bに特化しています)

前々からずっと言おうと思ってたんだけど…ジョジョASB攻略本のツッコミどころが豊富すぎるので

20140602

 

※『太文字』は攻略本の原文ままです。

Giornoic-02 しょっぱなの5部のストーリー説明から飛んでますね。「涙目のルカ」についてブチャラティに問われ対峙するが『彼の覚悟を知って入団を決意』って、ぼくの記憶にないですよ。もしかして顔を舐められたショックで記憶が飛んでるのかな…

Buccellatiic-03 いや、ジョルノ!それはないだろう。「あなた…覚悟して来てる人ですよね」のくだりのことを言いたいんじゃあないのか?

Giornoic-02 「覚悟」が使用されている場面はあれだけですからね、そうかもしれませんがぼくが組織に入ろうと思ったのはあんたがイイ人だからですよ。「イイ人でいる覚悟」ってことですか?

Buccellatiic-03 その「覚悟」ならダイヤモンドだぜ。ノドに隠れて見えづらいが『ジョルノはブチャラティが幹部になれるように命懸けで協力をする』というくだりはなかなか感動的だな。

Giornoic-03 そうでしょう!大変だったんですよ、ペラペラにされたり、魚に引っ張られて海を泳いだり、知らない人のトラックに相乗りして山のぼったり… まあ、ぼくは戦ってませんけど。

Buccellatiic-02 ほぼレジャーの域だな?…まあ、その事については不問にしておくぜ。しかし、こうして見るとおまえの必殺技の数の多さはスゴいな。ディアボロのほぼ倍じゃあないか。

Giornoic-01 攻撃・反射・追い打ち・回避から回復まで色々出来ますよ。ぼくのゴールド・エクスペリエンスの頑張り物語ですね。ぼくが直接攻撃する事なんて、本体モードの無駄にかけ声だけは気合いの入っている小・中パンチと全くヤル気の感じられない上段小キックくらいです。

Buccellatiic-03 ずっと気になっていたんだが…おまえはおまえのゴールド・Eやレクイエムが戦っている時になにしてるんだ?

Giornoic-01 カッコイイポーズをキメてます。

Buccellatiic-01 そ、そうか……大変だな、おまえのスタンドも…『GERが放つ無駄無駄は威力が高く大ダメージを狙えるぞ』とか、ある意味おまえのゴールド・エクスペリエンスにも大ダメージだな。

Giornoic-01 ラッシュモードの時はチョッピリ手加減するようにスティッキィ・Fに言って下さいね。なにげにぼくも毎回ヒヤヒヤしてるんですよ。ところでブチャラティ、ぼくたち「ストーリーモード」の攻略担当をまかされてるんですよ。

Buccellatiic-03 大丈夫だ。かつてセッコに「国語の教師か」と言われたオレだ。「ギャング・ティーチャー」になる覚悟はできてるぜ。

Giornoic-01 ちょくちょくアイカツネタをかませてきますね。この記事見てる人の5%もわからないと思いますよ。それはともかく、じゃあちょっとぼくを生徒だと思ってやってみてくださいよ。

Buccellatiic-03 いいぜ。『ストーリーモードの具体的な攻略方法について教えるッ!強敵とのバトルを勝ち抜く覚悟はいいか?オレはできてる』

Giornoic-01 お、なかなかいい感じですね。幹部風が頼もしいです。

Buccellatiic-03 基本的な戦い方の項目だ。『やみ雲に攻撃を繰り返しても強くなれないし、シナリオをクリアするのも難しい…。『波紋の呼吸』をマスターすれば、誰でも簡単に勝てる…わけないが、』

Giornoic-02 わけないのかよ!(何故そのネタを挟んだんだ!)

Buccellatiic-03『ここでは、バトルに関するちょっとしたコツや心構えをキミに伝授する!!そこ、「勝てばよかろうなのだァァァッ!!!!!」とか言わない!!

Giornoic-01 ………

Buccellatiic-03 ジョルノ!何故急に黙るんだ!!

Giornoic-01 ブチャラティ、「2部」けっこう好きですね?『現実でもゲーム内でも波紋の呼吸を使って練習してみちゃうッ!?』とか、テンション上がりすぎですよ。

Buccellatiic-02 う、うるさいッ!バトル指南その2だぜ。『相手が技を空振りしたスキにGHAを決める!!相手の動きをよく見て、スキの大きい技を空振った瞬間がチャンス!手強い反撃を決めるんだ!!GHAを制する者は、ギリギリの戦いをも制する者ということだ!』こっちはどうだ?

Giornoic-02 それ、完全にあんたの戦い方じゃあないですか。pc(=プッツンキャンセル)にGHAを組み込んでくるのはあんたくらいだし、天許でなんどギリギリの戦いになったと思ってるんだ…。ぼくみたいに『スタンドがレクイエム化』する場合や、プッチ神父の『MIH』やカーズの『アルティメットシィングカーズ』とかはどうするんですか?

Buccellatiic-01 そういう相手には『勝てばよかろうなのだァァァッ!!!!』という言葉を贈っておくぜ。

Giornoic-02 大丈夫かな、この先生……でも、国語の先生っぽさは出てますね。『一石二鳥』とか『百戦危うからず』とか。それに、心構えの「こ」の字もないですよ。なので、ぼくがあんたの前にフォローを入れておく事にしました。

Buccellatiic-03 やってみろッ!

Giornoic-01 『ぼくらの冒険を追体験できる、ストーリーモードを紹介!これから『向かうべき…正しい道』を照らすように解説するッ!』

Buccellatiic-03 なかなか上手い導入じゃあないか。読む者に「希望」と「勇気」を与えてくれそうだ。

Giornoic-01 ストーリーモードをクリアしないと、いつまでたっても使用キャラクターが増えませんからね。まずプレイヤーのみなさんが第1にクリアするべきモードといっても間違いないと思います。紹介はこんな感じですよ。『ストーリーモードでは、「ジョジョの奇妙な冒険」第1部から第8部までのエピソードや設定を元にしたバトルが楽しめる!!これをクリアしていく事で、ゲーム内のさまざまな要素が解放されていくので、ゲームを始めたら、まずはこのモードをプレイ!!』

Buccellatiic-03 説得力があるな。横文字の時は若干巻き舌だしな。

Giornoic-03 『奇妙な冒険の世界へレッツゴー!!』

Buccellatiic-02 ジョルノ!?おまえが奇妙な世界へレッツゴーしてるぞッ!!?

Giornoic-02 いけませんか?親しみやすい明るさが出てると思うんですけど。

Buccellatiic-02 逆に親しみにくいぜ。それに「心構え」の件はどうなってるんだ!

Giornoic-01 それでしたら次のページに『どうしても勝てないキミに朗報!』と謳って「サポートアイテム一覧」をまるッと掲載してますよ。別名「ドーピング」。もしどうしても勝てなけりゃあそいつに頼ればいいんです。売り上げの一部はパッショーネに流れるようにしときましたし。

Buccellatiic-02 こいつ…ちゃっかりしやがってッ オレの指南がほぼ無駄じゃあねーかッ!!

Giornoic-01 「GHAがダメならドーピング」。きれいにまとまったじゃあないですか!そういえばブチャラティ、ミスタが『幹部を目指すなら挑発の使い方も身につけとけよ…』ってエラそうに言ってましたよ。

Buccellatiic-03 その点は問題ない。1Rに1回は使うようにしてるぜ。 ※CPUブチャラティの場合です。

Giornoic-02 あんたの場合は多すぎなんですよ!

Buccellatiic-01 …なるほどな、今「理解」したぜ。スキの多い「挑発」、そして「GHA」を頻繁に使う事…これが「ジョジョASB」におけるオレの「覚悟」だッ!

Giornoic-02 (抜けようかな、このチーム…)

 

おわり